キヤノンAF 28-70mmF3.5-4.5U  (1988年6月発売)





1988年発売のキヤノン標準域AFレンズです。

まだEOS1は出ていない時代のレンズです。


9群10枚構成。
フイルター径52mm。
最短撮影距離40cm。
重量285g。
発売時価格:\39,200。



このレンズは28mm域のディストーションが-1.5%程度。
70mm域が-0.01%程度とのテスト結果があります。
F8における中心解像度は1900本程度、のようです。
非常に優秀なレンズなのではないでしょうか。
この個体は救済品ですから、この数値は出てないでしょう。



マウントもしっかり金属製。
こういう所にはほっとします。

残念ながら、救済品につきレンズの状態は良くありません。

上位レンズに比べるとかなりチープな造りで、
ロゴのプリントも高級感はありません。
しかし、トータルのバランスはさすがにキヤノンと言えるものです。


EOS1時代のレンズですが、
標準セットレンズはこれではなく35-70mm。
当時はまだ35mmが主流であったのです。
今では当たり前のように28mmや24mmが使われていますが、
実際のところは28mmはとても使いづらい焦点域なのです。
それで35mmからが標準でありました。


キヤノンレンズの楽しみは、
あのレンズが使えること。

いやいやLレンズというだけではありません。
蛍石なんですね。
これはキヤノンにしかありません。

知らずに使っている人がほとんどでしょうねぇ。
じつにもったいない。

人工蛍石は1969年に実用化されています。(キヤノン資料)
300mmF5.6(1969年フローライトガラス2枚使用)


copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK