ニコンAi20mmF2.8S (1984年12月発売)





開放値F2.8と明るい広角レンズ。
現在も販売されている、大変に息の長い製品です。
レンズ構成が同じAFも発売されています。



9群12枚構成。
最短撮影距離25cm。
フイルター径62mm。
重量260g。
発売時価格:\68,000。
現行価格:\102,500。



レンズフードは、お皿のように平らな
被せ型です。見た目が大きいので、このコンパクトなレンズには似合いません。

フード径は62mmですが、本体の大きさは50mmなどとほとんど変りません。やや大きい程度です。
重量もほとんど変りません。

APS-Cだと30mmと非常に使いやすい画角ですが、
本来は20mmの超広角として使うべきですね。
周辺の光量落ちは必須ですが、レンズの性格上いたし方ありません。この味を生かすのが使い方になります。


文字はは外周に刻まれています。

20mm自体はニッコールオートの時代からありますが、開放値が2.8になったのは1984年。Ai方式になって5年目でありました。
1981年発売の、Ai20mmF3.5Sの後継製品です。

このレンズはF8位が一番解像度が高いようです。
開放付近は高くなく、絞り込んでも改善はされません。
APS-Cカメラとの相性は未知数です。
D90での使用では、倍率色収差が盛大にでました。

     
     


当個体は状態が非常に悪かったので、
オーバーホール及びレンズ交換をしました。
前玉及び後玉。

ここにある写真は修理後の写真です。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK