みかんの花咲く丘



童謡「みかんの花咲く丘」は伊東市のホテル聚楽で作られました。

 みかんの花が咲いていました。    今も昔も変わらない風景だったのでしょう。
     
 ホテルのガーデンに歌碑はあります。   右に見えるのは聚楽ホテル、センターウイング館。3棟のホテルです。 
   
 小高い丘にあります。    歌詞の一番が大きく刻まれています。
     
 当時は辺り一面、みかん畑だったそうです。    館内にある歌詞の額。
     
 懐かしい蓄音機です。    コロムビアレコードです。
     
 みかんの花咲く丘の楽譜がありました。   除幕式の前に川田正子さんが熱唱したそうです。 
発表時の年齢は12歳。
     
     
 右の写真に写っている紳士は、作詞された加藤省吾さんです。    平成4年の写真ですね。
     
     
資料はウインドウの中に収められています。 
恐らく、ほとんどの人は知らないと思います。
   ホテルのカフェでは週三回、ピアノとシンセサイザーの演奏があります。
一時間の演奏、みかんの花咲く丘も弾いてくれました。 
     
 お部屋からは、みかんの花咲く丘の歌碑と初島が見えます。    ガーデンにある足湯。ガーデンスイート館にはベランダに一人用の足湯があり、
足湯につかりながら海を眺めることが出来ます。
      
当ホテルのウエルカムサービスは、ご当地のぐり茶と
みかんジュースです。 
 
      伊東へは乗り換えなしの特急で行きます。

  左は古い車両「踊り子号」


  帰りは「スーパービュー踊り子号」で帰って来ました。


  発車メロディーはもちろん、みかんの花咲く丘です。





 

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK