スナップ写真とは

iPhoneやらコンパクトデジタルカメラが普及すると、お写真がゆるゆるになります。
きちんと構えることもせず、取りあえずまあいいかと言う感じで撮ってしまいます。

そんな、ある意味だらけた写真は正統派を自認する写真家には許されないのかも知れませんね。
でも、きちんと撮ろうとすればするほど、何かが抜けてしまう気がします。
金太郎飴のように同じよーな写真になってしまう気もします。

もう、気の遠くなるような長い時間写真を撮っていて、粗方の事は知り尽くしていますが・・・。





我が家の近くには公園があって、ここはやっと整備され使えるようになりました。
住宅街からは遠く、利用する人は近くのマンションの人達や戸建ての人達位です。

鉄棒などの、僅かなアスレチック器具しかありません。
それでも1Km位は有るのでジョギングや散歩にはいいですね。
ただ、緑や花の植え込みが多いので熊蜂が多いです。
通路の上空2m位を円を描いて飛んでいます。
これが非常に怖い。目を合わせないようにしないと大変なことになります・・・。

遊歩道は緑の樹木の所にあります。向こうは道路で、
こちら側の後ろはやはり道路で住宅街になっています。

柵に覆われたスペースは、何が出来るのかは不明です。 
   側面右手を望みます。

入れない訳で、はっきり言って無駄な空き地。

先に見える遊歩道の完成に、6年以上かかっています。

トイレは見える範囲にはありません。
 

後方。

マンションと戸建ての街です。

マンション群は高級で、1億円は下らないのがざら。中古でも7~8千万円もします・・・。

この辺りの土地は50坪で5千万円程度。戸建ては8千万円~1億円でしょうか。

3年以上前で3千万円程度でした。それでも、東日本大震災の影響でかなり値下がりしたと思います。
私有地部分はもとより、支線の液状化対策はまだなされていません。

  ツツジの中に、ひときわ大きなタンポポを見つけました。

ツツジの紫は緑に対してどぎつく写りますが、白のツツジはいいですね。

完成間もないので、花もまばらですが・・・。

 

この辺りはヤシの木が多いです。

だいたいこの辺りから駅まで車で10分です。コンビニまで車で3分程度、バス停3つ目

まあいわば陸の孤島ですね。海岸までは歩いて15分位でしょうか。

下は733世帯の19階建てプラウドマンション。圧倒的に若い世代が多いです。


 

下は、東京駅構内で見かけた某お菓子メーカーの広告。

お土産の定番ですが、食べたことは有りません。

バナナ好きやけど・・・。
 
キャラメル味・・・。虎かな。   ケーキのような丸い器に、小さな花が・・・。
 
鮮やかですねえ。   どうあがいてもまとまらない典型的なショット。

正にスナップです。
 







七福神巡り。お湯を頭からかけるのです。   ウインドウの中の商品が良い感じです。
 
夕食バイキングの一部。減量のため、いつもよりグッと少なめに・・・。   焼き立てピザ。
 
デザートの一部。  
これは、我が家のオリジナルメニューの紹介。

1年に一度くらいしか出ない。マカロニと卵とひき肉のもの。
 
これは、2年前退院と誕生日が重なったので・・・。  
 
以上、スナップ写真とは

日常の写真であり、街角の写真であり、風景写真でもありますね。

写真は撮ってなんぼの世界であり、記録でもあります。

大事なのは、カメラの存在を感じさせない事です。

カメラがその存在が消えてこそ写真なのですね。

上記のようなコメント付きはは説明写真と言って、写真家諸氏は大変に嫌います。

それはそれでいいですが、

コメントを添えることにより、写真の意味が明確になることもあります。



写真は記録以外の何物でもありません。

撮らなければ、何も心に残りません。

また、

思い出すこともありません。


ゆるゆるの写真、されど写真・・・。
 
 

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK