ニッコールHオート50mmF2(1964年発売)


1959年発売の、
ニッコールHオート5cmF2の改良版で、
レンズ構成はガウス型です。

開放値はF2の標準レンズです。
多層膜コーティングのH・Cは1972年に発売。

4群6枚構成。
最短撮影距離60cm。
重量205g。

発売時価格はセット販売が多く不明ですが、
13,000〜14,500円の間と思われます。

口径が小さいので設計に無理がなく、
1.4を上回る描写との誉れが高いレンズです。
50mmF2は、
ニコンF用として初の50mmでありました。
正に標準であったのです。
Ai方式へと進化して行き、F1.8の発売をもってF2は生産が終了されました。(1979年生産終了)
じつに20年間もF2は生産され続けたのです。
そのスピリットはF1.8に引き継がれています。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK