暴走するホームページの更新作業       2020.5.23


サブサイトのホームページはJIMDOを利用しています(有料)。

当サイトは、ホームページビルダーで作成をしています。

決定的な違いは、JIMDOはブログなどと同じで、サイトをサーバー内に構築することです ね。        

更新作業は、経営する(契約する)サーバー内に置かれた記事を追加するなり 更新するという作業になります。 

サブサイトの場合サーバー上の処理なので、手元(こちらのパソコン)には、何も残りません。

ブログのように、日々更新する記事の容量は多くはありません。  ですが、当サイトのように写真やら何やら数が多くなるとサーバーでの処理が非常に

遅くなります。何をするにも、サーバーに手を突っ込んでやる作業になりますから 全てがボトルネックの作業になります。 

もちろん、その全ての原因は当サイトにありま す。言わば、想定外のサイトなのだと思います。

動作は大変に遅く、ボールを山なりで遠投する感じです。 返ってくるのに数分から掛かりますので、たった一つの記事を更新する作業でも、

1時間は掛かりますね。 いちいち信号をサーバーに送りますので、手を放しても画面は勝手に動作し続けます。

つまり、暴走状態に常に陥り制御は不能になります。 ただひたすらに、待つのみです。

当サイトは一つのコンテンツに、沢山の記事やら写真がぶら下がっています。 その全てが読み込まれるまで、作業はできないのです。

数分間は、開くのをただ待つのみです。 記事作成には、ナビゲーションを開かなければ なりませんが、この作業は暴走しまくりで、

ここで数十分は掛かってしまいます。  これが、作業中延々と続きます。

サイトのリンク数が多すぎるのです。 と言うよりも、サーバーの処理能力が貧弱ですね。 ですから、毎日更新するのは非常にストレスになります。

Windows95とかの時代のパソコンと同様の遅さを感じます。 しかし、パソコンが遅いので はないのです。

サーバー側に言わせると、画像などの容量を軽くするようにと言われま す。 今の時代、サーバーの容量は多いのに、データーの処理追いつかない・・・。

どうにも、逃げのような感は拭えませんね。


サーバーと言うのは、実は実質性ありきで性能は高くはありません。 カメラのプロ用途と同じで、性能よりも確実性なのです。

基本的には、複数のパソコンを連結して大量のハードディスクを装備している、と言うだけの特化したつまらない機械です。

ハードディスクにも、性能上のランクがあります。 しかし、高性能ほどクラッシュの危険は増します。 よって、サーバー用のハードディスクは並品です。

私も、パソコンをやって20年以上になります。 そのパソコンの20年以上の歴史の中で、最も遅れているのはサーバーなのです。


そう言う訳で、本当はこのサブサイトJIMDOのホームページを辞めたいのです。   サイト内を断捨離しては、有料で構築している意味がありませんし・・・。

取り敢えずは、年内は続けたいと思います。 それ以降は、当メインサイトだけに しようと思います。

 

BACK