コロナ感染日本の特異性    2020.3.25



懸念していたオリンピックも延期が決まって、一安心。 ここでうだうだ言う輩は、口を噤む努力をお願いしたい。 命はお金に代えられない。

諸外国に比べ、日本は圧倒的に感染者が少ない。 検査そのものが非常に少ないのが第一の要因。   

韓国レベルの検査をしたならば、間違いなく感染者は増加するのは自明の理ですよね。  しかし、同じだけ検査しても同じ感染者の数には

ならないと私は思います。 

と言うのは。


日本は「張り紙文化」の国だからと言えます。 日本人は、張り紙に非常に弱い国民だと思います。 逆に言えば、張り紙を良く見ている。

張り紙を見たり読んだり、理解することが日常の文化なのですね。 ですから、諸外国に比べて「落書き」が非常に少ないのです。

鎖国時代の日本はお上のお達しには非常に敏感で、それを守らないのには厳格な取り締まりがあり制裁やら処罰がありました。

そんな忌まわしい文化が、日本人には深く根付いているのです。 ですから、張り紙に限らず「決められたことは守ろうとする」文化があります。

村八分になることを誰もが嫌い、人と同じことを出しゃばらずに生きて行こうとするのです。

こんな日本の慎ましい文化ですが、異端児はどこにでも現れますし何処にでも一定の割合で存在します。   


コロナ感染の理由を見ていると、それらの人々が見えてきます。 上手の手から水が漏ると言いますが、まさにそれですね。

検査を待たずに旅行した感染者。 渦中の最中に海外旅行を決行した感染者。 などなど、後が経ちません。

「ミカン箱の腐ったリンゴ」の例えがありますが、そうならない事を願うばかりです。 個人が感染するのは止むを得ない、それは自己責任。

しかし、他人まで巻き込むのは絶対にやめて欲しい。 


多くの日本人はお達し「張り紙」を守ります。 島国の閉鎖性、島国文化それは決してベストな文化ではなかったのかも知れませんが、

今回のコロナ騒ぎには有効だったのかなと思います。  日本人というのは、決められたことに対してああだこうだと文句を垂れます。

もう、みっともないくらい文句を垂れるのです。 しかし、従うときも従うのです。 この辺りが、諸外国と違うのではないでしょうか。

文句は垂れホーダイ、しかし暴動や略奪はどうでしょうか。 それが日本人なのです。


若い世代、若くなくても行動力抜群なご中高老年の御仁。 


自己中はおやめください。


BACK