お笑いタレントのおかしな発言     2020.3.26


先ほどネットの記事を見てたら、お笑いタレントの発言が載っていました。


自粛させたいなら保証(補償)の話からしましょうよ」だそうな。「保証(補償)するから黙って家にいろって言えよ」と厳しい言葉を並べた。」

と続きます」

「店が潰れて自殺したらそれはコロナではなく政治が人を殺したってことね。コロナと政治、どっちが人を殺すのか」とつづった。

以上スポーツ報知ヤフーニュースより転載

なるほどですね。 お怒りごもっともです。 私がそのお笑いさんと同じ立場なら、もっと過激な言葉を浴びせたかも知れません。


しかしですね、良ーく考えてみると。 

職業は自分が選択して選ぶもの、その収入は他人にはいきません。 つまり、どんな職業でもそれにかかわる

事案は自己責任なのです。 これを外して発言は、大人げないですね。 もちろん、自粛をすることにより甚大な被害があるかも知れません。

それは誰でもが平等に受ける災難なのです。台風や地震と何ら変わりません。 台風や地震には逆らえないが、人ならば吠える、吠えまくる。


台風や地震でも、被害者の個々の回復は政治では補え切れません。 泣く人も死ぬる人も出るのが、災害なのです。

コロナ騒ぎは、似て非なるものだと言う認識があるのではないでしょうか。 人の財産や命を奪うことについては、全く同じなのです。

二言目には補償だのと言うのは、おかしな発言だと考えます。 こんな事案はあちこちにありますよ。


沖縄の基地問題。 秋田のイージスアショア問題。 汚染物質の搬送先問題など。 数えたらきりがありません。

全て自分達の利害のみ主張するのです。 決して国民全体のことではありません。 自分のことだけなのです。 いわゆる自己中。


戦争、かつての戦争は必ず先陣があり、それらは先ず助からない。 その犠牲が無ければ、戦争はそもそも成立しないという悲しさがあります。

ある種の痛みが、必ず存在することは否定できないのです。 企業が自己防衛のために派遣切りをする、同じですね。

フリーランスなど、仕事が断たれてしまう危険はこの世の中では回避は出来ません。 もう一度考えてみることです。


テレビに出れるほどの芸人さんとしては、とても残念な発言だと思います。 もっともっと、苦渋を舐めている人が沢山いるのですよ。

保証(補償)の話からなどと、わらしのごんぼほりみたいな発言は止めましょう。 


あなたの芸人人生に、決してプラスにはなりません。

一緒に戦っていきましょう。


いつの日か、きっと笑い話になる時がくる。

BACK