アドバイザーリーボードに頼るのは危険     2021.12.29

助言ではなく蛇口対策になってしまう

アドバイザーリーボードに頼ってはいけない

会議ばかりする会社は潰れる論理


いつのころからかヨコ文字羅列の集団に、ご意見を賜るようになりましたね。

分科会は、割と国民よりの意見。 アドバイザーリーボードは国民を全く無視で、政府の都合を図る団体のように思えます。

机上の空論。 頭でっかち、今に転ぶぞと言いたい。


自治体にせよ公務員は、公務以外は素人の集団。 それが故に、こういう輩に丸投げしてしまう傾向がみられます。


データを元にあれこれ言うだけなので、民意は全く反映されないのですね。

言わば蛇口のようなもの。 出すか閉めるかだけ。 それじゃたまったものではありません。


諸外国は日本とは全く行動が違いますね。 行動は驚くほど速い。 狩猟民族の証明です。 決断は一刻を争う訳です。

しかして日本は農耕民族。 行動は非常に遅い。 まず会議して。 専門家に意見を聞いて。 取り巻きに意見を聞いて。

風向きを見て。火の手が上がってないか見張りを立てて。 先ずは先兵を出して。 結果を会議で論じて。

それで、御ふれを出す。 こんなんだから、何につけても税金が垂れ流しになる。 

全く緊急時には訳に立たない仕組みが、堂々と強固に構築されています。


案の定、水際対策を変換して市中感染対策に。 これって、都合だけでしょ。 コロナ対策、そんなに緩めてどうすると言いたいです。

まだ、そんなに経ってないのにもう変換ですよ。 これは獅子身中の虫になりますよ。

政府にこんな朝令暮改のアドバイザーするような輩は、国民の敵にもなりかねませんよ。


機内濃厚接触者全員から、前後に列に変更。 

感染している可能性があるから濃厚接触者な訳です。 それを緩めるのは、放棄ですよ放棄。 

匙を投げた訳です。何と言ういい加減さ。


これはザルでしょ。 思いのほか感染者が多くて、焦った結果ですね。

海外帰国者の感染増加を甘く見た結果が、これです。

抜けシャーシャーとよく言うねと思いますよ。 


もう本当に、方針を直ぐに変えるのだけは止めた方が良い。

誰かの利を考えてはいけません。 国民の利を優先しなさい。 

今はコロナを封じることが全てなのです。


水際対策を放棄するのは、コロナは抑えられないと踏んだわけです。 帰国者止めれば良いだけなのに、それもせず。

同じ轍を踏む。 議会の堂々巡りを率先してやる愚かさ。 


これでコロナに勝てるのか?




データが物語る、海外からの感染者。

空港検疫感染者数           
12/1 4 12/11 16 12/21 31 12/31 72
12/2 13 12/12 21 12/22 41 1/1 78
12/3 4 12/13 11 12/23 46 1/2 75
12/4 11 12/14 11 12/24 40 1/3 109
12/5 11 12/15 12 12/25 56 1/4 117
12/6 5 12/16 26 12/26 38 1/5 147
12/7 12 12/17 21 12/27 51
12/8 13 12/18 23 12/28 69
12/9 10 12/19 25 12/29 103
12/10 6 12/20 41 12/30 79 00


コロナ感染情報簡易データ


1月5日東京都感染者   390人   


12/1 21 12/11 20 12/21 38 12/31 78
12/2 11 12/12 13 12/22 40 1/1 79
12/3 14 12/13 7 12/23 37 1/2 84
12/4 19 12/14 24 12/24 39 1/3 103
12/5 20 12/15 29 12/25 38 1/4 151
12/6 7 12/16 30 12/26 43 1/5 390
12/7 19 12/17 20 12/27 35
12/8 21 12/18 28 12/28 46
12/9 17 12/19 33 12/29 76
12/10 25 12/20 11 12/30 64 0


東京都感染者数推移
(縦軸:0人から500人)
     
 

全国感染者数推移 (縦軸:0人から3000人)       
     


12/12-12/16 12/17-12/21 12/22-12/26 12/27-12/31 1/1-1/5
   
11/12-11/16 11/17-11/21 11/22-11/26 11/27-12/1 12/2-12/6 12/7-12/11
10/13-10/17 10/18-10/22 10/2-10/27 10/28-11/1 11/2-11/6 11/7-11/11


12/1 121 12/11 149 12/21 249 12/31 510
12/2 127 12/12 120 12/22 262 1/1 535
12/3 145 12/13 79 12/23 295 1/2 554
12/4 131 12/14 144 12/24 302 1/3 782
12/5 115 12/15 175 12/25 322 1/4 1151
12/6 60 12/16 190 12/26 263 1/5 2638
12/7 116 12/17 183 12/27 214
12/8 136 12/18 202 12/28 385
12/9 165 12/19 177 12/29 501
12/10 146 12/20 151 12/30 516 0


※ 集計時刻により差が出ます。 収集したデータは正確さを保証するものではありません。



HOME    BACK