かわいそうなトビー


今から156年前、1860年の遠い遠いお話し。

尊王攘夷の幕末の頃、初代駐日総領事として日本を訪れた英国人がいました。
オールコックです。

江戸幕府の反対を押し切り、富士山の登頂を果たします。
その帰り、江戸に向かう途中でオールコックは熱海に立ち寄ります。

そこの大湯の間欠泉に立ち寄った際、連れていた愛犬トビーが間欠泉の蒸気に飛び込み、大やけど
村人たちの介護もむなしく死んでしまいます。村人たちは、我がことのように悲しんだと言います。

そして村人たちは僧侶を呼び、トビーの大好きな大豆を供え人間同様に弔ったのです。
当時の日本は、幕末の大変に不安定な時期でした。それまで日本人は野蛮な人種と、英国人はもとより
オールコックも日本を非難していたのです。実際、襲撃もされていました。

しかし、この村人たちのトビーに対する行為にオールコックは感動しました。
それ以後、オールコックは日本を親切な人間が住む国として訴え、擁護をし続けたと言います。

生麦事件など、その後も不穏な関係は続きますが、オールコックは日本を擁護し続けたと言います。

日本と英国の関係は徐々に友好に転じていきます。
 
                                                                       (出典:WEBサイトより)
大湯間欠泉

熱海市咲見町のホテルの傍、

坂の中腹にあります。
近くに行くと、墓標に気付きます
オールコックの碑の傍にある小さな墓標が、愛犬トビーの墓標です。
これはオールコックが送って来た墓標です。
「Poor Toby」
可哀想なトビーと彫られています。
間欠泉手前にプレートがあります。
1200年も続く熱海の温泉。

徳川家康が愛した、大湯は直ぐ近くです。


お宮と寛一、

もっともっと古い、熱海の原点があります。

そしてそこは、歴史を変えた

熱海の人達の暖かい心に出会う場所でもあります・・・。
iphone6  2016年9月

BACK



copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真