ネガカラー・フイルム写真



フイルムカメラが廃れたのは、勿論のことデジタルカメラが出来たからですね。

現像の不便、プリントの不便があり、何をするにもお金がかかります。

デジタルカメラは、随分と進歩したけれど

フイルムの写真がなくなるのは、チョット寂しいですね・・・。

フイルムにはメーカーの独特な発色がありました。



水元公園近くのお寺だと思います。

鮮やかな千羽鶴が目に留まりました。
同じく境内の、水子供養の下げ物。

思いが伝わってきます。

安らかな眠りが、願いなのですね・・・。
ミノルタのカメラに、シグマ28mm~70mmF2.8の画像。

フイルムは恐らくコニカのDD200だと思います。


粒子が荒いのも、このフイルムの特徴でした。
タムロン28mm~200mmのレンズと、

フイルムは、コニカDD200のコンビ。

このフイルムは、非常にコントラストが

浅いのです。コニカの特徴でもあります。
フイルムカメラ(不詳)

BACK



copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真