BS110度って何?  2018.9.4

紺屋の白袴、知らないことは恐ろしい


知らないという事は恐ろしく、そして恥ずかしい。

50年前は電気いじりをして、それなりに勉強もしたつもりだけど、すっかり忘れて白紙になってしまっていました。

というよりは、その電気から離れていた間にただただ普通に送られてくるVHFの電波をTVで見てデッキに録画していたわけです。

BS放送というのが始まっても、マンションやらアパートにアンテナも立てられず全く興味の範囲外でありました。


第一、当時はチャンネルがまるでありませんでしたね。・・・。  それで、BS110度です。 なんで110度というのか疑問に思っていましたが、

当時と違って調べようなどとは全く思わない年代になってました(>_<)。 BSか多分衛星サテライトのSだなあ位の認識。

正しくはBroadcasting Satellite、そのまま放送衛星の略でした。 えーっ、それではCSは何サテライト?

CSはCommunication Satellitesの略、商業放送なのでビンゴでしたね。 それではあのうざい次に来る数字110は何?

あははは、衛星の位置でした。あまりに単純で笑いを隠せない(^^♪。 BSとCS110が同じアンテナで見られるのは、

どちらの衛星も同じ110度の方角にあるからと言う訳。 

CSにはプレミアムというのがあって(この言い方が物凄く嫌い)、それらのアンテナでは見られない。 

それもそのはず、衛星が124度と128度の方角に二個あるからです。 

そんな単純なことをプレミアムだなんて言うから、皆なんでだろうと思ってしまうのです。

専門の衛星が二個他にある訳だからチャンネルが沢山あるのも当然なのです。

実は、最近の衛星アンテナは110度の受信のみならず124度も受信できるのがほとんどなんです。

コンバーターが二個内蔵されていて、自動で切り替わるようになっています。 ただ、ここに問題があります。

CS110度(BS)とCS124度は混合できません。 つまりCS124度(CSプレミアムは)独自にストレートにアンテナと専用チュナーを繋ぐ必要があるのです。

後からCSプレミアムにした場合、既存の機器は無駄になりますね(T_T)。

我が家は、迷うことなくCS110度スカパー普通版を契約いたしました。 少なくとも従来のケーブルテレビよりは安く見られます(^^♪。


BACK