ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

英雄ポロネーズその2 2017.7.31



何故かまた、英雄ポロネーズを練習しています。 

   

このページは両手で合わせていきます。 速く弾く必要は全くありません。

恐ろしい程ゆっくりと合わせていきます。途中指が届かない所が出てきますが、

気にせず進みます。 おどろおどろしたフレーズですが、単純でもあります。

二枚目の主題が生きるも死ぬも、ここなのかも知れませんね。

もーっ、面倒くさいですね。 実は、ここスラスラ弾いちゃダメなんです。

どろどろどろっ、て行って溜めます。そしてまたどろどろどろって行きます。

どろどろどろの後に来る和音がキモですが、指届きません・・・。

何かを省くのか、届かない音を省くのか・・・、どちらかが必要です。

アルペジオとペダルでごまかしてはいけません。

下の分散音は、これもまた指が届かないと綺麗には音が出ません。

難所です。しかも同じ音の強さで弾くのもまた意味がありません。

工夫がいるでしょう。
   
   

主題部分ですね。どちらかと言えば、ここばかり練習しますね。

何度もやれば音は拾えますが、やはり溜めは難しいです。

どのぐらいの強さで打鍵するのか、何度も何度も繰り返して試します。

電子ピアノを小音量で鳴らすと、余韻も貧弱で困りますね。

ここは右手が簡単そうで難しいので、何度も何度も繰り返して音が形になって

飛び出るようになるまで試行錯誤します。

何故両手でやらないかと言うと、この部分左がとても重要だからです。

ペダルもそう、歯切れよく豪快に強く、そして弱く弾けなければいけません。

通常の曲の左手と全く違います。とても主張が強いのです。

そのように弾けなければダメです。 凄く難しいです。

音を拾うだけでは練習にはなりません。

どのように鳴るのか、響くのかそれがとても気になるのです。

この2ページが弾けるようになるのはいつの日でしょうか・・・。

   
   

英雄ポロネーズを弾いた後は幻想即興曲に入ります。

別に意味なくて、2曲ピックアップしたからですが・・・。

何というのでしょうか、少しづつ進歩しているのが実感としてわかります。

ここは両手でイントロまで合わせたりもします。

右手の上昇部分は出来ても、下降がもたつきますしスムーズではありません。

ひらひらひらとは行きません。

楽譜的には英雄ポロネーズよりずっと楽ですが、音譜が細かくこんがらがります。

トルコ行進曲の速い所みたい・・・。あれも全く頭に残らず音が拾えなかったです、

最初は。 でも、必ず出来るようななるのはこれもまたピアノの不思議ですね。

あまり幻想即興曲練習しないのは、

あまり面白い曲じゃないなと思ってるからでして・・・。

実が入らないのです。(うそうそ、弾けてないから)

えーと、ここにある3枚弾ければ

他の曲何でもなくなるかも・・・。

それほど大変かも・・・。

BACK