ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編


楽譜の誤解 2017.8.6



楽譜についていつも考えています。 そしていつも疑問に思うことがあります。

ピアノ(音楽)を弾くために何が必要か・・・。はい、楽譜です。

いや、違うでしょそれ。 それは間違えないようにするための手段でしょ・・・。

ピアノは楽譜で学ぶものです。

いや、違うでしょそれも。 形として残せないから楽譜に起こしたのと違いますか?

そうかもしれないけど、それしか方法がないからです。

あーっ、そうなんだ。 じゃ、盲目の人はどーすんの? 点字の楽譜なの?違うでしょ。

辻井さんラジカセ聞いてたよ確か・・・。

そういう方法もあります・・・。 そういう方法じゃないでしょ。

とにかく楽譜なんです!! あ、そーっ。言い張るわけね。

カナ降らないでください。 えーっ、カナ振って何が悪いの。

カナ振って読むものじゃありません。 本じゃねーんだよ、勝手だろーが。

振らずに読むものです。 めんどくさい・・・。

だからピアノが弾けないのです。 えーっ、違うだろうよ。楽譜ってアンチョコでしょ。

アンチョコや板チョコじゃありません、神聖な物です。

何がだよ、聞いて覚えられねーから解答見て弾いてるだけじゃねーか。えらそーに。

解答じゃありません、楽譜です芸術を残したものです。

見てるのは、一音残らず再現するためなのです。 へーっ、再現てか。

つまり、楽譜があるから再現ができるってわけね?

そーです。

うざいな。解答みてるだけじゃん、カンニングと同じじゃん。

カンニングと違いますです。

同じやんけ。

神聖なものです。 またかよ・・・。

楽譜汚しすぎです。 言ったなこのタコ。

自分の楽譜だよ、書き込んで何が悪い。

下手な人ほど楽譜が汚い・・・。 あったまくるな、書き込みしないで何がわかる。

そーいうものなんです。  またかよ。

あーそーなんだ、楽譜がないと弾けないわけね。 あーそーなんだ、見ないとひけなーいんだ。

暗譜します。 

へっ、暗譜だって。練習の時は楽譜通りだとか言っといて、今度は暗譜かい。

楽譜みて弾いちゃダメなわけ?

そーです。完全に覚えるのです。

間違えるでしょーが。

それは修業が足りないだけです。 へっ、修業だって?

楽譜を見て完璧に弾けるのと、暗譜で間違えるのは差があるってわけ?

そーなります。 伸ばすんじゃねーよ。

もう一度聞くけど、カナ振っちゃダメなのね。

そーです、常識。 あんた非常識やね。

ばか。

えっ、なんて言った?

いや、空耳です。




BACK