ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編


迷っていた楽譜を購入 2017.8.7



ずっと前から迷っていた楽譜をとうとう購入しました。中古です。 迷っていた原因は、かなりダブること。

それに、音符が少し小さいのです。字体もゴシックでピンとくるものがないのです。

楽譜には、採譜者やアレンジャーの名前がどこにも載っていません。 ほとんどがオリジナルキーです。

楽譜は「やさしく弾ける 演歌」、巻末に2006年版とあります。

これ、やさしくはありません。というのは一曲ごとにアドバイスがあるのですが、そのアドバイス自体が中級以上のものですね・・・。

取り敢えず10曲ほどA3に拡大コピーして、カナ振りしました。

     

ダブっている曲をどうしようかとも思っています。

基本大きく異なるのは左手なので、どちらが良いのかは実際弾いてみないとわかりませんね・・・。

これは11年も前の楽譜ですから、今どきの大人のピアノ(やさしくアレンジしたもの)とはちょっと違いますね。

ほぼオリジナルを楽譜に起こしているようです。ですから、伴奏(左手)は煩雑な面があります。

時間があれば、いろいろ試してみるのも良いかも知れませんね・・・。


BACK