東京写真オーディオスペシャルピアノ編


ノクターンの伴奏分析



とりあえず伴奏のパターンを分析することに、この曲は楽譜の1ページまでが重要であとは大体繰り返しのパターンであることを認識。
パターンを調べると大体二十数パターンある事が判明。

 ピアノ奮闘記   エクセルに書き出し。

後で気が付いたのですがいくつか間違いがあります。

同色は同じパターン。
圧倒的に「ミソ・ソミシ」が多いです。

要するにこれを全部覚えれば良い・・・。。




楽譜に同じパターンをマーキングします。それで付箋をキーボードに貼って色分け。
演奏順に番号を振りました。この作業は大変で、丸一日位掛かってしまった。


ピアノ奮闘記     キーボードの写真。

中央部分「シ♭」と「ミ♭」がやたらと多いのが

分かります。「ミ♭」は21枚も貼られている。

次いで「シ♭」13枚。

「ソ」とオクターブ上の「ソ」が次いでいます。
 ピアノ奮闘記    これはキーボードの左側。

「ミ♭」から中央部まで戻るのが難関。

見ての通り、伴奏とはいえ
左は満遍なく打鍵があります。



これで指を乗せる大体の感じはつかめたが、問題が ・ ・。

他の曲が弾けないのだ付箋が邪魔で(笑える)。それであえなく剥がす事に・・ ・。この作業は貼った時より大変だった。剥がれたあとがべたつき
綺麗にするのに何日もかかってしまった・・・。

ノクターン覚えてもいないのに辞めてしまった、これは失敗でした。

楽をしようとしてはだめだね。



BACK