ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編


ポピュラー音楽を練習 2017.8.10


今日はポピュラー音楽の楽譜をごそっとピアノの上に積んで練習。 コピーなので上から順番に練習。

とはいうものの、結構飛ばしてどんどん次の曲に行ってしまう。 まず、知らない曲は飛ばす・・・。

弾きにくい曲も、飛ばす・・・。 最近は左手も使うようにしてるので、結構面倒くさい。 思うようには弾けません(当然です)。

リチャードクレイダーマンの「渚のアデリーヌ」、かなり前に練習した記憶があってやってみたら大変だった。

やはりちょっと指が届かないフレーズがあって、そこらあたりにかなり時間を取られてしまいました。 左手どころじゃないです。

この曲、電子ピアノだとただただうるさいだけなんです。高音部の連打、これがめっちゃうるさいですね。

あと、「天使のセレナーデ」、繰り返し繰り返しやってみたら、どうもめまいが・・・。 やっぱ、細かい音を拾うのは私的には辛いです。

ぐらっときますね。これは、渚のアデリーヌを練習したせいでもあります・・・。

あと。鬼門の「いそしぎ」、むきになってやりましたが、アレンジしすぎの楽譜手ごわいです。 メロディにならんですわ。

そんなかんだで、4時間くらい・・・、めまい怖いので中止と相成りました。

うーっ、明日はトルコ行進曲の早い部分を練習しなくては・・・。 


今日練習した曲。

渚のアデリーヌ  天使のセレナーデ  メロディフェア  いそしぎ  イエスタデイワンスモア  メロディフェア

初めて出逢った日のように  涙のトッカータ  魅惑のワルツ  ハナミズキ  アイライクショパン  ひまわり  夢路より

サマータイム  ムーンリバー  ニューシネマパダイス  若葉のころ


つくづく思うんだけど・・・。 ピアノって技巧も大事だけれど、基本響きだと思っています。

アレンジした曲は、技巧的に凄いんだけど、聞いてみても弾いても、ちょっと煩わしい感じがします。

例えば、愛情物語で有名なピアニスト、カーメンキャバレロ。 CDも買っちゃったんだけど、演奏ごちゃごちゃキラキラでとても疲れます。

今日練習した曲には、当然ながらいくつものアレンジ版があります。 それで、響きの良いものを極力練習します。

ハナミズキ、今日練習したのは♯が6個もある曲。うざいので練習してませんでした。 やってみると何か響きが良いのです・・・。

実はハナミズキ楽譜にもあるし、ネットでも購入しました。 でも、みんな技巧に凝りすぎていますね。 とても弾きにくいです。

というわけで、

明日は、トルコ行進曲の予定・・・かな。



BACK