ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編


カナ振りはつらいよ・・・。 2017.9.13



やさしく弾けるクラシック楽譜のカナ振り作業、意外にてこずりました(>_<)。  二日かけてカナ振ったのは17曲くらい。

毎回そうなのですが、目がショボショボになり焦点が合わなくなります。 回復するにに数時間かかります。


カナ振り、実はメリットがあって・・・。 譜読みをしながら練習をするのと違い、一気にカナ振り(譜読み)しますからカナ振り終了時には

譜読みが終了していることになります(^^♪。 理屈で言えば200曲カナ振りすれば200曲譜読みしたと同じ(ちがうか)ことになります。

もちろん鍵盤を見ることも実際に弾くこともしませんから、譜読みと違うと言われればそうですが・・・。

単純に分析は出来てしまいます・・・、これも大きなメリットだと思います。  やさしく弾ける楽譜を見ていていつも思うに、オリジナルと

何が・何処が・どの様に違うのだろうということですね。 アレンジャーの方は、オリジナルの雰囲気を残すように編曲するので大変だと

思います。

そこで、素朴な疑問が(-_-;)。 オリジナルでなくちゃダメなのだろうか・・・。やっぱ、原曲ありきで手を加えたものは邪道なのだろうかと

いうことです。 これは私のクラシック音楽に関する素朴な疑問でもあります。

一音足りとてもオリジナルに忠実にが、作曲家に対する尊敬の意なのだそうですね(-_-;)まあそれはそれで正しいと思います。

思うに、簡略化したからと言って英雄ポロネーズが英雄ポロネーズじゃなくなるわけではないですよね。

豪華な衣装(複雑な楽譜)をまとっていても、裸(シンプルな楽譜)でも人間であることには少しも変わりがありません。

演奏すること自体が尊敬の意だと私は考えています。 特定の人間だけが演奏できるのではなく、広く演奏が出来てこそ

芸術は繁栄すると思うのですが・・・(*^^)v。


オリジナル楽譜を眺めた時に、うーってなります。これってもう少し弾きやすくならないものかと。

指とどけへん。 なんでこんなに複雑なん・・・。  ですから、アレンジ楽譜に出会うとほっとするのです。

ただ同時に、これでいいのかとも思うわけです。  

ピアノは楽しむために弾くもので、そのために苦しむなんて場違いな気もするのです。

幻想即興曲完璧に弾けてもそれだけだと寂しいです(ワタシ弾けません)。 簡単な楽譜でも何曲でも弾ける方が私には嬉しいです。

ショパンが生きてたらどう思うのだろう・・・。  

BACK