ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編



読譜の難しさ


音譜が何とか読めるようになってきたが、実は楽譜は読めていない。

楽譜には色んな記号がある。また音譜にもそれぞれの長さがある。

音楽を始めてやるものには解らないことばかりだ。楽譜には音楽の全てがあるわけだから、これが理解できないのは最悪ということになる。
先ず、楽譜を何度もじっくりとみて解らない記号を調べる。戸惑ったのはターンとトリル、モルデントそしてスラーとタイの違いだ。
これが解らずに、何でこのように弾くのだろうとずっと思っていた時期がある。
それで採譜した楽譜全てを見直した。結果は散々、まるで間違っていたのだ。

押さえた指を話すタイミングがまるで違っていた。また、押さえる音も違っていた。
知らないとは恐ろしい。


独学ではこんな小さなことが、目から鱗が落ちる状態になるのだ。

これらはピアノを弾くこと以前の問題なので、少しづつ習得していくしかないのだろう。



読譜は甘くなかった!


BACK