ピアノ東京写真PLUS ピアノ編


愛の夢 第三番


えーと、リストの愛の夢第三番。 とても良い曲なんだけど、アルペジオにメロディーラインが埋もれるパターンの奴ですね。

悲愴とか別れの曲も然り・・・、何が大変かって。  見ての通りカナ振りすると「楽譜が汚く」読みづらいのです。

それと、この手の曲は「指が短いと・・・・」なのです。 まあそれは仕方ないとして、YouTubeで聞いてみました。 これはネットで解説している

講師の方の説明と演奏がとても参考になります。


     
     
     

↑のガデンツァのところ、よくよく見たら同じ繰り返しなんですね。

クラシック音楽は予測可能と言われますが理解できます。

規則正しいのですね(いまさら)(>_<)。


←は両手が交差します。

めっちゃ弾きにくいです!


あと、ここの所もの凄く練習する曲少ないです・・・。


なーぜか。

実は、両手で弾くことを始めたのです。

右手がいくら出来ても、両手で合わせられなければ

ピアノも残念なことになってしまいますので・・・。

今日は、アラベスクと愛の夢第三番、エリーゼのために

これしかやってませんね(;´Д`)。


亀のごとく遅いけど、全くできなかった時に比べると

少しは出来るようになるというのは感じます。


グランドピアノを導入するまでには、

両手で弾けるようになりたい(*^^*)。



やるぞーっ。

BACK  ピアノ奮闘記2018     HOME