ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

ピアノを弾くことの奇跡   2018.4.11




さっき、別れのワルツを少し練習しました。   

ショパンは1835年好意を寄せるマリアにこの曲を捧げましたが、結局恋は実ることはありませんでした。

今から183年も前の事ですね・・・。

そんなショパンの楽譜を指で辿っています。   思えば、ピアノを弾くなんて、考えてもいなかったこと・・・。

しかも、この年で・・・。


しかも、ショパン・・・、そして別れのワルツ。



ピアノを弾くことは、奇跡。

ショパンを弾くことは、奇跡。

別れのワルツを弾くことも、奇跡。

私も、私の父母も存在していないずっとずっと前にできた曲。

そんな奇跡だらけの鍵盤を、見つめます。



指を置くと、ワルツが・・・。

そう、ワルツが流れ出すのです。


音楽は時空を超えて、空の彼方へ飛び出します・・・。



BACK