ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

エレクトーンの仕組みは?

ヤマハさんのエレクトーン ESL-02(650,000円税別)を参考に
エレクトーンの華麗な音の秘密を探ってみました。





ヤマハさんのエレクトーンサイトから

画像は拝借しております。
     
標準モデルESL-02、税抜き65万円。

コンピューターと電子機器の塊ですから、

この価格は決して高くはありません。

この上が98万円、その上が158万円となっています。


ピアノと大きく異なるのは、一台で全ての楽器の

音を再現できることです。

そしてエレクトーンの最大の特徴は、

楽譜のパートごと、それぞれの音色を変えること

重ねることが出来ることです。

鍵盤が二段になっている意味がここにあります。


また足元のフットペダルは三段くらいになっていて、

ベース音、メモリーのスイッチにもなっています。

同時進行部分が非常に多く、ピアノよりは

格段に難しい楽器と言えます。

楽器である前に、機械であることを認識しないと

演奏までは進めないのです。
  楽譜が進行するに当たり、演奏の楽器をどこからどこまでがピアノ、どこからどこまでがバイオリンなどと指定しメモリします。これをレジストボタンに割り当てます。
割り当てたレジストは、ボタンまたは足で切り替えます。 演奏中にボタンが光って知らせます。 

パッと見ると「うっ」と言うほどにボタンが多いですね。 実はこれが一番合理的で速いのです。 ボタン一つに一つの機能を割り当てられますので、直感的に操作
出来るのです。いわゆるキーボードなどはボタンの数が少ないので、かえって難しいと思いますね。 恐らくにモード切替は丸いジョグダイヤル・・・。
これもまた迅速な設定に不可欠な装備ですね。 こう見ると、非常に合理的で(演奏者のために)かつ直感的で美しい配列です。

実は電子ピアノにも色んな音源が入っています。 だけど呼び出すのに操作が面倒・・・。操作のスペースがないのですね。ある意味おまけなのです。
エレクトーンはピアノのような構造部分はありませんから、操作性優先で設計できるのですね。
   左部分  右部分
     
  エレクトーンの鍵盤は右手と左手用に配置されていますね。この配置と鍵盤の数も、使いやすいように配置されています。
エレクトーンは全身で演奏すると聞きます。 それでも極力無駄な動きがないように考慮されているのですね。 
  下はネットから拝借しました。 ボタンが光ってるのが分かります。黄色い丸部分です。  プライバシー保護のため画像を加工してあります。
     


詳しくはヤマハのホームページをご覧ください。https://jp.yamaha.com/


BACK