ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編


2016年7月カナ振りの問題



楽譜にカナ振りをしているのは既出ですが、ちょっと問題に・・・。
と言うのは、楽譜のカナ振りには黒鍵や白鍵部分を丸で囲むようにしています。
当初は♯四つの場合「そ・ふぁ・れ・ど」が7音の内4音と多いので「み・ら・し」の少ない3音つまり白鍵に丸をしていたのです。
逆に、♯や♭が一つや二つの場合、7音より少ないので丸をしていた。当初はそれでも問題なく練習は出来たのですが、
最近になって丸印の混在に戸惑うようになったのです。
割と最近の楽譜は黒鍵に丸をするようにしたので、当初の楽譜(クラシック曲)を弾くときに戸惑ってしまうのです。
シャープやフラットが多いのは、
単に言えばハ長調を基準にした場合どれだけ高い(明るい)音階か低い(暗い)音階かの違いだけと言っても良いでしょう。
指の長さは中指が一番長く、次いで薬指なので♯♯や♭♭の曲が比較的弾きやすいことになるのです。
同様♯や♭の曲は、ハ長調よりはずっと弾きやすいです。
♯♯♯♯や♭♭♭♭はほとんどが黒鍵なので、それを理解するにはコツがいるかも知れませんね。
白鍵が7音の内3音「ラ・シ・ミ」か「ド・ファ・ソ」のルールです。

今ある楽譜を元に分類してみました。
難易度を下げるために変調している曲も多いですね。優しい楽譜は弾きやすくハ長調にしている場合も多いですが、
実際のキーと違うのであとあと困る場合があります。練習には出来るだけオリジナルの調で弾くようにしたいですね。
 
 ラドレファソ  ロ長調 変ハ長調  曲名 嬰ト短調 変イ短調  ラシレミソ 変ニ長調 嬰ハ長調  曲名 嬰イ短調 変ロ短調
♯♯♯♯♯ ラ・カンパネラ  ♭♭♭♭♭ 月の光
子犬のワルツ
前奏曲第十五番雨だれ

スターダスト
蒼いノクターン
ロンドンデリーの歌
 シミが白鍵   ドファが白鍵  
ドレファソ   ホ長調 嬰ハ短調  ラシレミ       変イ長調 ヘ短調 
♯♯♯♯ 別れの曲
ワルツ7番
アラベスク第一番
幻想即興曲
ノクターン第二十番遺作嬰ハ短調

蒼いノクターン
イエスタデイ・ワンス・モア
始まり
ハナミズキ
 ♭♭♭♭ ソナタ悲愴第二楽章
英雄ポロネーズ
愛の夢第三番

秋のささやき
カーニバルの朝
モーニン
イン・ザ・ムード
ラシミが白鍵    ドファソが白鍵   
  ドファソ     イ長調 嬰ヘ短調   ラシミ        変ホ長調 ハ短調 
 ♯♯♯ ハンガリー舞曲第五番
朝もやの渚 

80日間世界一周
少年時代
 ♭♭♭ ノクターン第二番
乙女の祈り
エチュード第十二番革命
ワルツ一番華麗なる大円舞曲

煙が目にしみる
虹の彼方に
ゴッドファザー愛のテーマ
愛のコンチェルト
記憶の中へ
君だけを見ていた
 ラシレミが白鍵    ドレファソが白鍵  
 ド ファ      ニ長調 ロ短調   シミ         変ロ長調 ト短調 
♯♯ いちご白書をもう一度
ラブラドールレトリバー
さよならをもう一度
江~姫たちの戦国
また逢う日まで
にじいろ
川の流れのように
涙のトッカータ
 ♭♭ はじめから今まで
魅惑のワルツ

思い出のサンフランシスコ
エーゲ海の真珠
バラード1番
 ラシレミソが白鍵    ラドレファソが白鍵  
 ファ        ト長調 ホ短調   シ          へ長調 ニ短調 
   亡き王女のためのパヴァーヌ
愛しのクリスティーヌ
マイメモリー

遥かなる影
いそしぎ
秋のささやき
テイク・ファイブ
サン・トワ・マミー
  トロイメライ
テンペスト

情熱大陸
イエスタデイ・ワンス・モア
天使のセレナーデ

酒とバラの日々
幸せの黄色いリボン
ムーンリバー
煙が目にしみる
YELL
 ラシドレミソが白鍵   ラドレミフアソが白鍵   
ラドレミファソ 嬰へ長調 変ト長調   変ホ短調 嬰ニ短調  ラシドレミソ 変ト長調  嬰へ長調 変ホ短調 嬰ニ短調
 ♯♯♯♯♯♯  ハナミズキ(オリジナルキー)  ♭♭♭♭♭♭  ユーモレスク
シが白鍵    ファが白鍵  
   
※ 鍵盤配置上シ・ミの♯は白鍵。ド・ファの♭は白鍵となる。シ♯=ド、ミ♯=ファ。ド♭=シ、ファ♭=ミ。(同じ音)
ハ長調   イ短調
 クラシック  ポピュラー
エチュード第十一番木枯らし
エリーゼのために
モーツアルトピアノ協奏曲二十一番ハ長調
ショパン十二の練習曲作品十

ドビュッシー十二の練習曲五本の指のための
渚のアデリーヌ            
愛のままで
雨音はショパンの調べ
あなただけが
白い恋人たち
ある愛の詩
涙のトッカータ(ハ長調版)
蒼いノクターン(ハ長調版)
ロミオとジュリエット
愛のオルゴール
魅惑のワルツ(ハ長調版)

恋はみずいろ
オリーブの首飾り
卒業写真

エデンの東

クラシック曲にハ長調が少ないのは、特にピアノの場合指使いが難しくなるためと言われている。ショパンはハ長調は一番難しい調と言ったそうだ。 

BACK  ピアノ奮闘記2018     HOME