ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

古いエレキギターを修理に出す  2018.9.4


ギターの弦を張り替えようとネットで検索したら、地元に修理屋さん兼楽譜販売店がありました。

引っ越しの振動で、ピックガードのネジが飛んだものでピックガードごと交換してもらうことに・・・。

フレットが大分減っていますねえとのことで、見積もりをしてもらったら3万円から5万円とのことでした。 即、それはやめました(T_T)。

何せ47年も前のギターですから・・・。 



7~8年前の画像。

何もしなくても楽器は劣化します。

特に錆が酷いですね・・・。


ケースに入れたり入れなかったりの繰り返しで、

メッキ部分は錆が浮いてきました。


使わなくなると手入れもおろそかになり、

どんどんと劣化していきますね。



この時代ものにお金をかけるのはどうかなあと・・・。

でも、本心はフレットも交換したいですね(-_-;)。



もう手に入れることは不可能なギターですから・・・。

悩むところです(T_T)。


   
   
45年くらい前の写真。


買ったその足で列車に乗り帰省・・・。

当時の給料と同じか高いくらいでした。


人生は流転のごとく過ぎ去ってきました。

そして世の中も変わって行きました。


ほとんどの物が無くなった今でも、

ここにある・・・それが楽器、なのでしょうか。



BACK