ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

楽譜を買わずに帰ってきた・・・。   2018.11.16




時間があったので、用足しのついでに本屋さんに・・・。 楽譜のコーナーを見てみました(*^^*)。

よさげな楽譜があったけど、2700円(税別)(>_<)。 歌謡物とポップス物どちらも、弾きたい曲が入っていたけど二冊はチョット・・・。

最近は大人の楽譜が多くなって、クラシックやポップスなども、ハ長調でカナ振り付きの楽譜が多いです。

ハ長調は転調だからいいとしても、基本は音を抜いてるだけなので・・・これでいいのかとも思ったりします。  単に弾ければよいと言う訳でもないし、

ステップとして練習ならば良いけれど、それで終わってしまうのはある意味怖いですね(-_-;)。 ただ、それそれこれは簡単そうだぞ・・・元楽譜とは

違うぞ、それでやってみんかい・・・なんて悪魔の声が聞こえたりします(+_+)。

ハ長調、ショパンが行ってた通り非常に難しいです・・・(-_-;)。  白鍵がほとんどなので、指本来のカタチじゃないんですね・・・(>_<)

楽譜を買うのに躊躇うようになったのは、近くに安く大量にコピーできる所が無くなった事が大きいです。

カナ振り作業は譜読みなので、やった方が自分には良いのですけど。 いわゆるフツーの楽譜は音符が多いですね、それがゆえにお玉杓子が

小さいです。 五線譜の間隔も短くて・・・老眼にはきついです(>_<)。 


最近は指の指定を見て、考えたりしています。

ははあなるほどね、と思う事は多いです。 なるべく指を移動しなくて済むような指使いなんですね、やっぱり(>_<)。

当たり前のことが出来ないのが、独学の辛い所です(+_+)。

一曲通して弾く…夢だなあ。

BACK