ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

アラベスク第一番(ドビュッシー)   2019.6.30


しばらくぶりに、アラベスクを練習してみました。 相変わらず、難しいです。  出だしの連府は、もう慣れるしかありませんね。

指が覚えこむまでやらないとダメなのだと思います・・・(>_<)。  どうにも分からないので、区切って見てみました。

どうにも、いい加減に楽譜を見ていたことが良く分かりました・・・(-_-;)。 
1ページ前半。 冒頭部分。みなし12連符。 
     
 楽譜の記載が、見た目を難しくさせてます。 ここも、みなし7連符が二つ。    問題なのは、次の行に飛んでること。まとめて四つと考えたほうが・・・。
     
 ここは、左の大きなアルペジオがネック。     何につけても、左のアルペジオが問題。
     
 アルペジオ自体は、難しくはないと思いますが・・・。    1ページ後半。
     
 一小節にアルペジオが一つ・・・。    1ページに8音のアルペジオ(おやまのアルペジオ)が8つですね。 
     
 ここからは、右上がりのアルペジオになります。    ここもそう。
     
 要するに8つあります。     お山のアルペジオよりは、やりやすいし覚えやすいと思いますが・・・。
     
  ポールモーリアの蒼いノクターン。 導入部分が何となく似ていますね・・・。
 
 お山のアルペジオとしては、1音高いです・・・。 
 
 右上がりのアルペジオも、似たような感じ・・・。
 

BACK