ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

楽譜を買いました    2019.8.16


もう買う楽譜が無いと思ってましたが、スタインウェイピアノマラソン影響で買うことに・・・。

目的は唯一つ、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」・・・。 また新たに、「大人のためのはじめてのピアノ」が出てたので、それもゲットしました。


題目も大きいし、音符も大きい。 つまり、目に優しい。
左手は極力単音のみ。 大事なのはエッセンス・・・。
大人のピアノ楽譜の中でも、飛び切り際立っている楽譜です。
これだけは弾いてねって感じが伝わってくる選曲。
名曲は、どんなに優しくアレンジしても名曲なのですね。
     

米津玄師 のLemonです。 曲も作者も何も知らなくて、
YouTubeでピアノを聴いてみました。 なるほどですね。
私が、このような曲を聴くことはまず無かったです。
本当に良いものは良く、それだけで充分です・・・。
 
   久石譲のエッセンスが伝わってきます。 
ピアノはそれでいい。
     
 こちらはチャイコフスキー、くるみ割り人形。   このくるみ割り人形・・・改訂版で、
チャイコフスキーオリジナルのピアノ曲なのだそう・・・。 
     
 弾く人によって音の出方が違って聞こえますね・・・。
なるほど金平糖。
   
     
何故に全音の楽譜は生成り色なのか・・・。 白ではないですね。

もしかしたら、目に優しいかも知れませんね。


楽譜を買ったはいいが、カナ振りをどうしようかと・・・。

まだまだ、カナ振りをしなければならない楽譜かあります。

カナ振らずに弾くのは、セオリーではないのでカナを振ります。


取り合えず、行進曲、金平糖の踊り、葦笛の踊り、花のワルツ

の四曲をカナ振りしたいと思います。

楽譜A3に拡大しますので、時間は相当かかりそうです・・・(>_<)。


BACK