ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

楽譜にカナを振るその1    2019.8.18

クラシック音楽編

カナを振る労力は半端ないです・・・(>_<)。 目がやられますし、腱鞘炎気味になります。 カナを振った後数時間は焦点が元に戻りません。 

楽譜のカナ振りは・・・、2016年~2017年で160曲位とありますが・・・。 多分200曲以上あると思います。

     
A3に拡大コピーした楽譜。

カナ振りに必要なものは、

ボールペンと白消し。

老眼鏡・・・(-_-;)。


材料はこれだけ。


カナ振りするには、

ちょっと手順があって、


いつもどうするか迷います。

カナを振る順番が一つ。

どの位置に振るのかが

もう一つです。

A3に拡大コピーしてカナ振りした、。楽譜の実際をお見せします。  楽譜はランダムに撮ってあります。冒頭部分ではありません。

 幻想即興曲じゃなかろうか・・・。   やらしいなあ・・・(-_-;)。 ショパンだよね。
 
   
 やっぱ、幻想即興曲・・・。 単音だけと言うのが特徴。   ピアノ協奏曲みたい・・・ショパンの。ピアノソロが始まる所かな。
     
カナを振るのも弾くのもいや。 でも、本当は難しくないらしい・・・。 多分、木枯らし。   銀歯じゃなくて、銀波かな・・・。 装飾譜で、カナ振りの鬼門・・・。
     
なんだろうなあ、月の光っぽいね・・・。和音の繰り返しは面倒なのではしょりがち。    
大体こんな楽譜、だれか決まってるよね・・・(-_-;)。 音符が詰まっていて煩雑。
     
悲愴かも・・・。 カナ振ると楽譜が汚くなる典型・・・。   春の歌かな・・・。 装飾譜が小さく、カナ振りの文字は小さいと見づらく意味がない。
     
 やらしいなあ・・・。   バラードかな・・・やっぱり。 進むにつれ冗長になるのがショパンの特徴・・・。
     
 ん・・・、あれですあれ・・・(^^♪。英雄ポロネーズ。 重音がいやらしい。    この弾きにくさは、あれしかありません・・・(-_-;)。英雄ポロネーズ冒頭。
     
トロイメライかも・・・。 短いが極めて難しい。 サラッと弾いては残念な曲の最・・・。   ノクターンですね・・・。 少しづつ違う低音部に戸惑う・・・。 
     
アニトラの踊り・・・。    多分、愛の夢第三番。
     
  多分、ドナウ川のさざ波。 川の流れを思わせる、長い曲ですね・・・。   書き方
     

音符のどの位置にカナを振るのか、楽譜によってまちまちになりますね。

メロディーラインはてっぺんとしますが、重音だと考えますね。

低音部は、カナ振る場所に迷う事が多いです。 音符が詰まっていると、やりにくいです。

繰り返しの場合、最初にだけカナ振りするのはダメでした。

目は常に先を見ているので、カナ振りしていないと同じになってしまうのです。

ですから、面倒でも全てにカナを振ります。 同じ音符(和音)が二つだけの場合は、

音符と音符の間に書きます。 左の例です。


半音上がる下がるは〇で囲みます。 ミのシャープとシのシャープ、ドのフラットと

ファのフラットは〇をした横に♯・♭を書きます
(間違えないように)。

楽譜にカナを振るペースは、非常に速いです。 それがために、間違いが多発します。

弾くときは、音符とカナ両方見ているようです・・・。

カナ振りをする前に考えることがあります。 順番ですね。 メロディーラインを全部振ってから、低音部を振る方法。 全ページそれでやるケースと、ページごとにやるケース。

基本、長い曲はページごとに上のみ、下のみとカナを振ります。 短い曲は、全ページメロディーラインをやってから、低音部のことが多いです。

ページ数が少なくても、音符の数が多い場合はページ一行ずつやることも多いです。 カナ振り作業は譜読み作業と同じなので、難しいものほどはしょることはしません。

ただ漫然とカナを振っていてはだめで、この和音指とどくのかいな。・・・などと考えながら進みます。  カナ振りの鬼門は「装飾譜」ですね。 音符が小さいからと言って、

カナ振りの文字を小さくする訳にはいきません。 装飾譜分カナ振りが多くなり、その文字が楽譜を汚く煩雑にします・・・。 

さいだいの欠点は、自分の書いた字が読めないこと・・・(>_<)。 カナ振りすればするほどに、字が変形して雑になってしまいます。 らなのかファなのか・・・(>_<)。

途中で転調したりすると、気を付けないと一行全部〇印を間違ったりします。 

ミのシャープとシのシャープ、ドのフラットとファのフラットは鍵盤が黒鍵ではありませんから、カナ振りの丸の横に調号を必ず書きます。

譜読みが調号が多い程面倒そうに思えますが、そうではありません。 調号が多い程、弾くのは楽です、黒鍵が多い訳ですから。 自然と指が乗る訳ですね・・・。

  

ピアノを練習するのに楽譜は必要ですが、楽譜の音符の多い少ないで選ぶことはしません。 単音と和音の差だけですから。 

楽譜自体が解答書なのですから、誰にも平等・・・。 先生と言えども、楽譜を見て覚えます。 空(そら=耳だけで覚えること)で正確に覚えてるとは、誰も思わないはずです。

ですから弾ける弾けないは二の次にして、楽譜=解答書を使うことが賢明だと思います。 楽譜=鍵盤位置ですから、それを読み解くことが必要と思います。

同じ事を再現するのは非常に難しく、再現のために楽譜を残します。 ですから、楽譜は時間が止まっている物で、全てではありませんし

ベストの物とも限らない
ことを知ります・・・。 下手をすると全てがガデンツアと言うことにもなりかねません。 それがために楽曲は推敲されます・・・。

つまり、こうした方が良かったというバリエーションはあって当たり前なのです。 本来の楽譜に固執するのは、形が崩れていき本来の姿が見えなくなることを危惧する

がためです。

ですから、楽譜通り一音もたがわず弾いたとて、それはとば口に辿り着いたと言うことにしか過ぎません。 そこがからがスタートです。

何を表現したかったのだろう、情景は如何に・・・。 作曲家がいなくなった楽曲は、不思議の園になります。 

残された楽譜に込められた思い、それをくみ上げるのが演奏者です。 

しかしながら、残念なことに日本人は日本人。 ポーランドには生まれてないだろうしドイツ人でもありません。 足元にある、日本の音楽をどれだけ理解しているでしょうか・・・。

童謡も歌謡曲も、ピアノは誰もが知っているような感じでは、鳴ってくれません・・・。


いや、鳴らせないです・・・。

ピアノと言う楽器は、技量を表すだけではなく、その人の心まで洗いざらい晒してしまいます。  そんな怖い楽器です・・・(;´Д`)。

心優しい人は何を弾いても優しく響き、棘のある人は何を弾いてもささくれた演奏になります。 弾いている本人には分からなくても、聞いている人には見えてしまいます。

感動を受ける演奏、残念な演奏・・・。 最初から決まっています・・・。  決して技量ではありません・・・(^^♪。
 

ピアノは心の底の底まで映し出す、恐ろしい鏡なのです・・・(;´Д`)。

BACK