ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

おりん    2019.8.19


おりんは、まがいもない楽器です・・・。

お盆が来るとお寺に行ったりして、お寺の大きなおりんの音お聴く機会もあると思います。

おりんは単音の楽器と捉えて間違いありません。 その周波数は大きさや材質により異なり、およそ200ヘルツから550ヘルツぐらいになります。

おりんの最たるものは余韻です。 繰り返しながら減衰していきます。 余韻が数分続くものもありますね。


おりんを叩くと遥か彼方の極楽浄土まで届くとされています。 それがために、仏壇で叩きます・・・。 家庭用の物でも、やや大きいものは

余韻が長くづづきますね。 お寺の大きなおりんは、さすがに凄いです。 純金のものほど周波数が高くなるようで、音も澄み切ります。

鉄の物は、やや鈍い荘厳な音になます。 おりんの音には二種類の揺らぎが観測されます。 等間隔の揺らぎと、高低幅の揺らぎですね。

基音が530ヘルツぐらいであれば、倍の1150ヘルツくらいの音も同時に鳴っています。


これはピアノも同じで、ピアノは叩いて音を出しますね。余韻も長く続きますし、倍音は人の可聴域を超えます。

ピアノは弦を張ってますが、原理は打楽器ですね。 直接に叩かず鍵盤を介するので、鍵盤楽器と言います。 スチールの弦を柔らかい物で

叩くのでピアノですが、固いもので叩けばおりんになります(ならないか(-_-;))。 振動する基本、楽器の基本は440ヘルツとされていますが、

432ヘルツもある訳でおりんなどの528ヘルツも存在します。 440ヘルツ以外は、人間に影響のある周波数らしく癒し系などと言われています。

楽器演奏には向かないチューニングですね。 それで440ヘルツになっています・・・(^^♪。


ピアノなどは簡単にチューニングを変えられませんし、変えるとオーケストラなどと共演が出来なくなりますね。

ギターはいとも簡単にチューニングを変えられるので、そういう弾き方も存在します。


おりんの音はピアノのどの音なのか、簡単に試せます。 そう、あの音です・・・(^^♪。

BACK