ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

ピアノバザールの案内が来た     2019.8.20 



有楽町の会場には何度か行きました。 今度はTOC五反田メッセ・・・。  どちらにしても、行けないです・・・(>_<)。

グランドピアノはほとんどが中古です。 ピアノは一台ごとに音や鍵盤のタッチが違いますので、こういう展示会は良いですね・・・。

     

このパンフレットのグランドピアノを見て、ふと思いました。 ちょっと幅が広く、奥行きも長いようです。  

コンサートグランドピアノかも知れません。 注目したのは、キャスター・・・。 ダブルキャスターですが。どうやら真鍮に銀メッキぽいですね。

足もやや太めで足の付け根と、ペダルの支えに装飾があります。 蓋を支える棒の穴は一つだけのようです・・・、全開のみ想定ですね。

他も現在のピアノと大きく異なる所があります・・・。 響板の折り返し部分(蓋を閉じたときに、手前の開ける部分)が細いです。 

現在のどのピアノとも異なっていますね。 3本ペダルですから、それほど昔の製品ではないように思えます。  色々調べましたが、

スタインウエイは楽譜台がミッキーマウスのようになっていますのでパス・・・。スタインウエイはモデルチェンジを80年もしないメーカーですから・・・。

ヤマハも違ってて、どうやら〇〇〇のような感じ・・・。 譜面台の形状と足が・・・(-_-;)。  

 外から押さえるダブルキャスター・・・。   ネック部に装飾のコブがありますね・・・。
     
 なだらかなカーブの譜面台。 どうやらスタインウエイではありません・・・。   カーブが現行品と随分異なります・・・。 蓋受けの穴も・・・、端に無い
このピアノは、側板の曲がりの部分が広くありませんね。。
     
 カワイ   ヤマハ 
     
 ベヒシュタイン    
   
大型のキャスターは、重量の重いピアノに使われますね。

カタログのキャスターは両サイドから支えるタイプ。

中心から支えるキャスターは、真ん中に隙間があきます。 

現在のコンサート用グランドピアノは真鍮色が多いですね。

メッキしてあるのかも知れません。

学校やホールで、常に移動の必要があるグランドピアノは

このようにストッパー付きのキャスターになっています。

家庭用ではないので、新品では買えません・・・(>_<)。


ダブルキャスター付きの市販モデルもありますが、

キャスターは大きくないですね。

※ 画像はネットより引用致しました。  

BACK