ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

エレキギターとピアノその3   2019.8.24

エレキギター奏法にもいろいろある


◆チェットアトキンスと奏法◆


多分、チェットアトキンス(1924-2001)を知っている人は少ないです。 と言うかエレキギターオンリーの人は、知らないのが当然かも知れません。


 チェットアトキンスです。   チェットアトキンス奏法の楽譜。1974年。 

チェットアトキンス奏法とは、メロデイと伴奏を同時に弾く奏法です。 つまり、ピアノと同じなのですね。 違うのは全て左手で行う事。

5本の弦だけなので、ピアノのような多重音は出せません。  そういう楽譜がある訳ではないので、独自に作り変える必要もあります。

チェットアトキンス奏は、カントリーバンドで伴奏を弾いていた時に思い付いたそうです。

カントリージェントルメン  古い人ならラジオで聞いているはず・・・。
YouTube 参考

カントリージェントルメン

https://www.youtube.com/watch?v=HEgACGdoBx0




メロデイの背後に、ズッチャズッチャと聞こえるのが

同時に弾いている伴奏です。



弾き方を見るのはレーザーディスク位しかなくて、

レーザーディスクを何度も見てましたね・・・。

今はそのディスクも、レーザーディスクも引っ越し時に廃棄してしまいました。


チェットアトキンスの曲は、ラジオのテーマ曲として良く使われました。

毎日のように、耳にしていたのですね。

一枚だけあるチェットアトキンスのCD。 1989年。 30年前ですね・・・(>_<)。 当然、カントリージェントルマンが最初に・・・。

BACK