ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

瑠璃色の地球その2 練習中   2019.12.1



楽譜に仮名を振りましたので、鋭意練習をしております。  この曲はフラットが5個ありますので、ほとんどが黒鍵です。

ですから、非常に手にと言うか指になじみますね。 このバージョンは出だしが低いです。 他のバージョンは出だしが高いので、感じがかなり異なりますね。

左手はほぼ全編を通して、アルペジオです。 そのアルペジオは大きな山なりのものと、小さな登りのものが混在しています。

アルペジオの出だしと、メロディーラインの頭は合致しています。 良く練られたアレンジと思います。 このきっちりとした感じがポイントかも知れません。


この瑠璃色の地球、33年も前の曲なんですね。 33年前・・・、凄く遠い昔の感じがします。 何でも松田聖子が妊娠してお休みをしていた頃の曲とか。

沢山の方が、カバーしている曲なんですね・・・(^^♪。  

知らない曲なので、メロディーラインを把握するのが大変。 

スコア上級はメロディーラインに装飾も乗るので、私のような超初心者には 本当のメロディーラインをたどるのは難しいです・・・(>_<)。

左手まで行くのは、現時点では不可能のレベル・・・。


https://www.youtube.com/watch?v=XHHuO3WPJL0


なんて素晴らしい歌詞だろう・・・。

心に染み入る言葉と、美しいメロディ・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=uR6IYdUbx0k


ピアノを弾くことが辛くなっても、挫折しそうになっても

ピアノは待っている

こんな美しい曲を 弾いてごらんと・・・。


夜明けの来ない夜はない・・・、そう

だから、頑張る



BACK