ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

蒼いノクターン もう一つの楽譜    2020.1.14



ずーっと、前からある楽譜は{B}、簡易版のほかに{A}の楽譜がありました。 ハ長調アレンジですが、アルペジオは簡単ではありません。

ミから始まるのと、ソから始まるのではトーンが異なりますから、曲の感じもやや違います。

調号が増えると黒鍵を弾きますが、ハ長調アレンジ白鍵だけの方がやや弾きにくいかも知れません・・・(-_-;)。 

この曲はあまりにも有名な曲なのですが、音符的には少なく一見弾きやすそうに見えます。 YouTubeであれこれ見ると、その違いに驚きます。

ポールモーリア自身が弾いているレコードもあるのですが、ちょっとドライでややや早目の演奏が気になりますね・・・。

テンポや微妙なためがとても大事な曲だと思います。

ショパンを意識した、ポールモーリア渾身の名曲です・・・(*^^*)。


イントロ ハ長調アレンジだとこうなるという見本。 
   A  
   イントロ  オリジナルに近いイントロ。
   B  
  メロディーライン  装飾譜はこちらの方が、ポールモーリアっぽいですね。 アルペジオにかなりの違いがあります。
   A  
  メロディーライン  こちらは装飾譜がなく、後半トレモロになります・・・。 調の違いだけでなく、アルペジオの違いが大きいです。
   B  
     


BACK