ピアノ東京写真PLUS ピアノ編

エリーゼのためには難しい曲    2020.1.22



家内がキーボードを購入して、エリーゼのためにを練習し始めたので、暫くぶりに練習しました。 相変わらず難しいです・・・(>_<)。

エリーゼのためには誰でもが弾きたがる曲ですが、初級レベルではなくて中級レベルの曲なんですね。 つくづくそう思います。

ですから全くの初心者が弾けるようになるのには、四年~五年掛かると言われています。


楽譜ばかり溜まって一向に練習しないものだから、少しばかり反省して積んである楽譜をちょっと練習してみました。

意外や意外、あれっ?これってあの難しい・・・(>_<)。 という曲が、僅かながら弾けたりしてビックリ・・・(*´Д`)。 楽譜は温めるものなのか・・・(>_<)。

もちろん、一曲通して弾く気などありませんが、少しでも弾けると物凄く嬉しいですね。 


2016年当時の楽譜。 いかに出来なかったかが良くわかります。 2019年7月の楽譜。
     


そして何気に開いたのがたのがドナウ川のさざなみ、もう一年近くになるのです・・・(-_-;)。 もちろん、途中で放り投げたので弾けてません。

 
  ドナウ川のさざ波   長い曲です・・・(-_-;)。 
     

色々と忙しくて、また部屋も寒いので中々本腰を入れてピアノの練習ができません。 それでも、思いついたら一分でも弾くようにしています。

ピアノというものは、諦めずに続けていればいつかは出来るようになると思っています。

BACK