ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

誰もいない海


日曜だけど、ふとピアノの椅子に置いてある楽譜・・・青春のフォーク&ポップスが気になりピアノの蓋を開ける。

まず、丸山圭子の「どうぞこのまま」。これは低い音から始まります。基音ドの下のファ♯から・・・。

この辺の音が良く響きとても好きです。 数分も弾いたら「ピンポーン!」が・・・。

中止です。 どうやらお菓子の差し入れらしい・・・。

それで、「誰もない海」を・・・。いいなあ、めっちゃいい。

独身の頃、四畳半の暗い部屋でアンプやスピカーに囲まれて聞いていた曲です。 1970年・・・。47年前なんですねえ。

二十歳でしたよ。

まさか47年後に、ピアノでこの曲を弾いているなんて思いもよらないことです。

本当に青春だった・・・。

「今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人が行き過ぎても・・・。」


独りだった・・・、田舎を遠く離れて本当に孤独だった。

そのころを忘れないために、弾いていこう。


BACK