ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

戦場のピアニスト


題名だけは知っていて、その映画の中でショパンの「夜想曲20番」が使われていることも知っていました。

しかし、映画は見たことがありません。 それが、つい先だって深夜(ケーブルテレビ)に見ることが出来ました。

見たのは、後半のみ。主人公が逃亡生活する所からでした。

「夜想曲20番」はいつ弾くのだろうと思って見ていたら、最後でした。ラジオ局で弾いていました。

実話なんだそうですね。ピアニストであったために、生き延びることが出来た・・・。音楽や人の心には敵も味方もなく、国境すらないのです。

ピアニストを助けたドイツの将校は、収容所で亡くなったと言います。その後ピアニストは89歳まで生きたらしい・・・。

このピアニストの名はウワディスワフ・シュピルマン、ポーランド人で墓はワルシャワにあります。

シュピルマンを助けたドイツの将校はヴィルム・ホーゼンフェルト、ソ連軍の捕虜収容所で1952年57歳で亡くなっています。

戦争が終了したら君のピアノ(ラジオ放送)を聞きたい、と言った願いは叶うことはなかったのですね。

戦犯として収容所で死亡した将校でしたが、2007年シュピルマンを救ったとしてポーランド政府よりより名誉を回復され

ポーランド復興勲章を授与されています。

死後55年も経ってからです・・・。

これは、2002年戦場のピアニストが映画で公開され人々に感動を与えたからかも知れません。

私が最初にこの曲をYouTubeで聞いたのは、仲道郁代さん。 

東日本大震災の被災地のボランティアの演奏会で、必ず最初に弾く曲だったそうです。



※ 出典 ウィキペディアより

BACK