ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

両手で弾く練習を開始

今日は雨なので、ピアノの音も漏れないだろうと練習開始・・・、気が付いたら土曜日だった。

何か、ここの所暇あればピアノに向かっています。クラシックはチョットお休みして、懐かしのフォークソング&ポップスです。

クラシックや洋楽と違って、テンポがゆっくりなので左手も練習することに。右手と左手が全然合いません。

右手を弾いた後に、右手で和音をなぞるのでワンテンポずれるのです。合わせようとゆっくりゆっくり弾くと、まるで音楽になっていません。


両手でスラスラ弾ける人は凄いなと、心底思います。旅行先のホテルのピアノ演奏で、左手の重要さが嫌っというほど分かりました。

低音の量半端ないのです。フォークソングや昔の曲はいわゆるボーカルがメインなので、右手だけだと何とも寂しいのです。

今練習しているのは電子ピアノだし、音も小さいので余計にそう感じます。

教則本をやるべきなのでしょうけど、あのお玉じゃくしの羅列を見ると「およよっ」となります。ツェルニーとかやってる人は凄いと思います。

多分に私のやり方は、もの凄く遠回りをしている練習方法なのかも知れませんね。

フォークソング&ポップス、改めてカナ振りをしていない曲を見ていたら、数曲追加することに・・・。


「結婚するって本当ですか」、「愛燦燦」、「酒と泪と男と女」、「22才の別れ」、「精霊流し」の5曲。

ダ・カーポの結婚するって本当ですかは、歌詞がいいですね。ハイトーンの声が聞こえてくるようです。

ダ・カーポの名前の由来は「初心に戻る」だそうです。もう、おばさんおじさんのグループですが、娘さんはフルート奏者フランス留学中で

一時帰国、CDも出したそうです。時代の流れを感じます。


それに加え、本日練習したのは以下の曲。

空に星があるように、贈る言葉、あなた、見上げてごらん夜の星を、誰もいない海、悲しくてやりきれない、どうぞこのまま、

さらば青春、少年時代、卒業写真、さよならをするために、この広い野原いっぱい、いちご白書をもう一度、風、私は泣いています、

わかって下さい、なごり雪、白いブランコ、
でした。23曲なんですね・・・。

もちろん、一曲通しての練習ではありません。実にいい加減な練習なのです。

それでも構いません、慣れていくしかないのです・・・。

前途多難です・・・。

※ 出店はウィキペディアより引用しております

BACK