ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

ショパン ピアノ協奏曲 第1番第一楽章



クラシックは眠くなるんで、もう本当に聴かないんだけど。クラシックの楽譜の中に、ピアノ協奏曲 第1番がありまして・・・・。

順繰りに練習しいたら、出てきたのです。 じつは、すっごく勘違いしていて・・・・。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番と間違えてたのです。

ショパンのピアノ協奏曲第一番は、第一楽章25ページも拡大コピーして放ってあったんです。

ぷりんと楽譜で買ったのは、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番だと思ってたのです。だって、ピアノ協奏曲第一番って大きく書いてあるし

・・・。買った当初、いくらやろうとしてもメロデイが出てこないんで、ほおり投げていました。 それで今日、前半の串団子のページを飛ばして

音譜の少ない所を弾いたら・・・・。違ってました、気が付きました、これチャイコフスキーじゃないやん!!。

ショパン ピアノ協奏曲 第1番第一楽章でした。  う~ん、ショパンの曲綺麗やなあ・・・。


 
 
ここを弾いていて気が付きました。こちらは名アレンジャー版。
 
 こちらはフルオーケストラ、4ページ目ピアノソロ部分(オリジナル楽譜)。
 

あと、今日は少しづつ色々練習しました。左が行けそうなのはそちらも・・・。

ノクターン遺作、楽興の曲、トロイメライ、花の歌、タイスの瞑想曲、カッコウ、メヌエット、エリーゼのために、トルコ行進曲、

お人形の夢と目覚め、モーツアルトK545、ショパンワルツ、モーツアルトピアノ協奏曲第21番、アベマリア、ノクターン2番、

銀波(数小節のみ練習)などでした。練習は行けるのは2~3ページ行きますが、難しいのは取りあえず飛ばします。

要は、少しづつでいいと思っています。左手だけの練習もします・・・、これが一番かったるいです。

なんと、アルぺジオで挫折していたノクターン遺作の左手の運指がやっとこさ分かりました。

嫌でもなんでも続けていると、前には全くできなかった所が少しはできるようになります。体が(指が)覚えているんですね・・・。

実は、上の楽譜のスケール、前は全くできず一音一音指で押して確認してました。今は、ドレとどれが黒鍵と頭に入れて

弾けるようにもなってきました(まだまだですが)。




BACK