ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

言ってしまった・・・。2017.7.29



用がありショッピングセンターへ。 何を思ったのか、暫くぶりに楽器屋を覗きました。

今日はいつもと違い、何人もの子が電子ピアノに陣取り 楽譜を広げてめいめいの曲を練習していました。

何人もがバラバラに違う曲を弾くのでやかましいです。その喧騒の中に聴きなれた曲が・・・。

英雄ポロネーズでした。中学生でしょうか、何度も何度も繰り返して弾いています。 上手い・・・。ほぼ完ぺきに弾きこなしています。

暫く傍に立ち運指を眺めていました。なるほど、こう弾くのかと思って見ていたのですが、何度も聴くうちにちょっと待てよと・・・。

完璧に弾けています。速いです。  それでも何かが、何かが足りないように思えてきました。

聴く方も聞く方ですが、何回も聞くうちにいらいらとしてきました。 違うんだけどなあと・・・。

レッスンが始まるようで楽譜を畳みピアノから立ったので、思わず呼び止めてしまいました。

「凄く上手だけど」「ためが足りないです」「叩かないで押してください」と言っちゃいました。おまけに「横山幸雄知ってますか」とも。

嫌なおぢさんだよねー。

いや、もったいないなと思ったのです。 もう、世の中には弾けるだけの人が溢れるほどにいます。

ただ、弾けるのと聞かせるのは全く別。 この子凄く伸びると思います。

ピアノは想像以上に難しいです。 楽譜通りに弾くのも通過点の一つにしかすぎません。

音譜と音譜の間にある見えない何かを探らなければ、曲は完成しません。音譜通りに弾くのはパソコンだけです。

「ためを知ること」それが血の通った曲になるのではと、

思っています。

あの子、

変なじじい、うざかったと思っただろうな・・・。



<補足>

この子の演奏に圧倒された部分。

  YouTubeで見てもこの部分は見えてないのがほとんどです。

つまり、参考にはなりません。

この子のこの部分を見て納得しました。

どうやら薬指や中指が規則正しく見えています。

私はスケールの練習など全くしませんから、

こういうのは大変なのです。

両手の練習すらしませんから、左手には過酷です。


なんで悠長に構えているかというと、

ここ、指の長さとは関係がないからなんです。

物理的な問題ないのです。

BACK