ニコンニッコールQオート200mmF4 (1961年発売)


このレンズは最近のボデイには装着できません。
(D40などは無改造で装着ができる)。
ニコンFの当時のレンズです。
4群4枚構成。

発売時価格:\32,700

後期型は1969年の発売。
最小絞りが32になり、前部のシルバーは黒に塗装された。
また梅鉢型のリングの幅が太くなり、絞り部分には細い梅鉢リングがついた。
市場に出回っているのは、ほとんどが後期型です。
頑丈なレンズはメタルボデイの時代の産物でしょう。
レンズは単焦点が当たり前であり、レンズは沢山揃えなければ撮影ができなかったのです。当時のラインナップには1963年に発売された国産初の標準ズームレンズ43-86mmF3.5があります。(ニコン資料による)

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK