ニコンAi200mmF4 (1977年3月発売)




本格的な望遠は200mmからではないでしょうか。
200mmながら全長は13センチ弱しかなく、
非常にコンパクトな単焦点レンズです。





5群5枚構成
重量530g
最短撮影距離2m
フード内蔵。
発売時価格:46,000円




手持ちで撮れそうなのが200mm位までだろうか。
昔は手振れ補正などなかったから、このコンパクトさと適度な重量は不可欠なものだったのでしょう。

筐体は金属製。恐らくアルミ合金と思われます。
一部には真鍮や鉄が使われているようです。
ズームリングのカバーのみゴムでしょう。
非常に固いので塩ビかもしれません。

当個体のフォーカスリングはやや重め。
スカスカしたレンズを触った後には、いささかの驚きを覚えます。感じとしては好みです。
厳密なピンと合わせにはこの位が良いのです。

開放はF4とやや控えめですが、充分にボケてくれます。ピントは紙一枚ほどなので油断は禁物です。
ファインダーを選ぶレンズです。






200mmと135mm。
どちらもかなり小型です。
ネジ径も52mmで変りません。

Aiは最終形ですから、これより古いタイプも
市場には出ています。
しかし、レンズの状態が良いものはかなり少なくなっています。それに、使うカメラも限られます。

200mmと135mmはそんなに違わないと思ってはいけません。覗いた感じはまるで違うことに気が付きます。
どちらも、それぞれの役割を替えることはできないのです。



年代物なので相応の劣化は避けられません。

この個体200mmは外装の傷も少なく、
丁寧に使われた物でしょう。
大量に作られたとは言えど、もう入手する時間は
限られてきています。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK