ニコンAF28-70mmF3.5-4.5D (1992年9月発売)




ニコンレンズは1992年、Dタイプレンズを発売します。
カメラはF90が同時に発売されます。
この28-70mmは前年に発売されたSタイプレンズをDタイプ仕様にしたものです。
ロゴは全てプリントのチープな仕様ですが、
レンズに手抜きは見られません。
恐らくF90のキットレンズであったのでしょう。
マウントこそ金属ですがシリアルナンバーは
目立つ所には刻印されておりません。


7群8枚構成。
重量355g
最短撮影距離0.4m
発売時価格:45.000円




355グラムという重さは、軽すぎず丁度良い。
またフイルター径も52mmでコンパクトです。

このようなプラスチックを多用したレンズが、
この頃から非常に多くなってきます。

もちろん、頑丈な大口径レンズもあるわけで
棲み分けが出来てきたとも言えるでしょう。


まあニコン党にも恐らく人気がないこのレンズを
実は随分と探していたのです。
理由は、光学性能です。

某テストレポートによるとすこぶる性能が良い。
それでずーっと探していたのです。

こういう普及型のレンズは誰もが使うものだから、画質に妥協は許されないのです。ボケとかなんちゃらはどうでもよいのです。つまり兎に角良く写らないとカメラが売れないのです。

コストを徹底的に削っていますが、光学性能はそれなりに頑張るのです。
実はそんな拘りがニコンだったりします。

それは、昨今のエントリー機のレンズにも生きています。

ニコンレンズは、高くても安くても写るのです。


このレンズは見かけのチープさとは違い、内容は濃い。なんと複合型非球面レンズを使用しているのです。
よって解像度が良いと巷では評判なのです。


実写テストではまずまずの写り。と言うのは雨天で野外テストができなかった。開放のボケはそれなりです。
後ボケは素直ですが、前ボケはややがさついて硬いようです。

APSに装着すると42mm相当なので標準並みに使えます。タムロンSP28-75mmF2.8は大きく重いので、
28mm域の比較がしたい処です。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK