ニコンF80D (2000年-2006年)


F80Dです。


本格フイルムカメラの中堅機の最終形となったカメラです。

小型・高性能なカメラですが、裏蓋などが経年劣化により
べとつく傾向があり最大の欠点となっています。

3D-10分割マルチパターン測光を採用。
最高速1/4000秒。2.5コマ/秒。
視野率92%。倍率0.75倍。
重量520g。
発売時価格 税込 \92,400。


F90Xはスピードライトがついてませんので、
旅行などにはこちらの方が軽いし便利です。
ファインダーに格子線も表示できるので助かります。
フォーカスエリアもマルチで使いやすい。

F90X世代のカメラと決定的に違う点があります。
tokyoがF80をゲットした最大の理由も実はここにあります。
というのは、
VR 機能使用可能なカメラなのです。F90XやF50D、
F70Dなど以前のカメラは信号の授受ができずVR機能は
使えません。
ただフイルムはフルサイズですから
使用可能なVRレンズはそう多くはありません。



     丸いレバーは、測光モード切り替え。

ファミリー用途で重要な、
日付が写し込めるのもこのクラスです。


<参考>
ニコン  VR24-120mm     税込 \98,700(実売7万円程度〜中古4万円程度〜)
ニコン  VR70-300mm     税込 \81,900(実売5万円程度〜中古4万円程度〜)
タムロン 28-300mmVC     税込 \84,000(実売5万円程度〜)

買えない買えない。

実際F80Dを使って思うことは、軽さと小ささ。
今時のデジタルに比べてやや薄いので、頼りなさを感じることがあります。シャッター音も小さいので余計にそう思います。



「番外」
本日は中古店を4件廻りましたが、さすがに疲れます。なんで世の中にはこんなに中古があるんだろう、
しかもやたらと高い。そうでなければ歴戦の勇士ばかりで、それもまた意欲を喪失するのです。
欲しそうなものは懐とまったく折り合いが合わなくて、いろいろ見ていると中古魔人の迷宮に
迷い込んだみたいになりめまいがする。
のではなくて、
しゃがみこんで覗き込んだりするものだから、貧血になりくらくらしただけのことだった。

あぶないあぶない。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK