ニコンF50D (1994年-1998年)

ニコンU2の前の前、
ニコンF60の前のニコン入門機の位置づけのカメラです。


ニコンフイルムカメラでは初心者用ですが、
プリズムファインダーを使用した本格派です。
ただ操作感はボタン式でいまひとつ。
ややずんぐりとして重量もある方です。
価格は68,000円。U2あたりとあまり変りません。
翌年発売されたF60ではその辺が改良
されています。
F90Xも同年に発売されています。
3D-6分割マルチパターン測光。視野率90%。
倍率0.78倍。1.0コマ/秒。
最高速1/2000秒。重量590g。
発売時価格 68,000 円(税別))。
レリーズの感触は個人的にどうも。
さすがにUなどの方が切れが良く
感じます。F90Xとは比較になりません。
音がうるさいとの声が多いカメラですが、
簡単で写りが良いとの評判も多い。
しっかり造ると重いと言われるし、
軽く造るとやっぱりなーと言われる。
とかくこのクラスは大変です。
F90Xとは比べ物にならないが、F601と比すると若干スペックはアップしています。シャッター感覚は
F601の方が良く、動作音も褒められません。ファインダーは広くて明るく優秀。

UやU2だとボデイが軽すぎて、手頃なレンズがバランス上少ない。その点このカメラは590gと、
ソニーα350やD90とほとんど変らない重さなのです。その分色々なレンズが使えそうです。
F80は520gだから、F50は間違いなく重いカメラです。

特筆すべきはファインダー倍率でしょう。0.78倍と視野が広く見えます。ただ視野率は90%と低めです。
これは同時プリントを意識した設定と言えるでしょう。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK