ニコンU (2001年-2006年)


たぶんニコンで造っていないニコンのカメラ。
ほとんどのカメラファンは目もくれない。
でもそれは間違いなんだよ。

ニコンUです。

そう。ミノルタにもキヤノンにも
このクラスのカメラはありました。
軽く解りやすく使いやすくしたのが
このカメラです。デジタルならD40と言った
ところでしょうか。ニコンカメラでは初めて
コストのためと小サイズ化のためペンタプリズム
を排し、ペンタミラーにしたカメラです。
Uは2001年ですがU2は2003年に発売されています。
これが普及型フイルムカメラの最終形となりました。
F50Dと比べると、その軽快さに圧倒
されます。機能は圧倒的に優れています。
フォーカスエリアも五ヶ所から選べます。

3D-6分割マルチパターン測光採用。
イメージプログラムオート。
プログラムオート、絞り優先オート、
シャッター優先オート。
最高速1/2000秒。2.5コマ/秒。
視野率89%。倍率0.68〜0.60倍。
重量400g。
発売時価格:税込 \64,050

近頃のカメラ女子には見向きもされない
カメラなのですが、本当はオートに徹した
方がずっと写真は上達します。
カメラはオートで撮るのが当たり前です。
マニュアルは必要ありません。
露出を学ぶなんて、たいそうなー。
写真機は撮るだけの機械です。

遊ばれないように。
UとU2の違いはマルチパターン測光にあります。Uは3D-6分割マルチパターンでU2は3D-25分割マルチパターンです。
F80Dが3D-10分割マルチパターン測光ですから、性能的にはU2の方が優れている部分もあるのです。
ニコンUは2001年発売の製品ですから当個体はタイランド製となっています。ニコンでは2000年にシンガポール、
2001年にはマレーシアに現地法人を設立しています。
F80など仙台で造られたものは発売された2000年で、それ以降のものはタイ製です。
デジタル一眼レフカメラの生産はプロ用を除き、2004年からニコンタイ工場で生産されています
生産するのは現地の人間だしメード・イン・ジャパンではありませんがニコン製品であることには変わりがありません。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK