ミノルタα7700i(1988年発売)


ミノルタのカメラはとても優秀で、
ニコンやキヤノンより人気があったのを知っているだろうか。
一世を風靡したミノルタですが、もう存在しないのです。

ミノルタα7700iです。

横幅がありますがボデイは比較的薄めです。
曲面を多様し、
プラスチックではありますがチープな感じはしません。
グリップ廻りやバッテリー廻りの損傷が多いのは
止むを得ない所でしょう。
グリップは変色が激しく、
この個体に限らず一番劣化が目立つ点です。
ボタンやレバーが多く操作性は良いとは言えません。

標準ズームレンズは。AF35-105mm F3.5-4.5 New。

見ての通り、
ダイヤルが一切なくボタンとレバーだけです。
音は大きめでカメラらしい感じがします。
ファインダーはマットですが、
とても見やすくピントがはっきりわかります。
古いカメラですがオートフォーカスもまずまずです。
20年以上前のカメラですが、
普通に使えるのには今更ながら驚きを覚えます。
プラスチックボデイ恐るべしです。



東京写真 ミノルタα7700i 液晶がスラントしていて独特の風貌があります。
カメラの見た目は悪くなるが視認性は増す。
それが結論のようです。
このように軍艦部をスラントさせるタイプは、
ペンタックスなどにも見られました。

プログラムAE、絞り優先AE、シャッター優先AE、
マニュアルが可能。
Pボタンを押すとワンタッチでプログラムに移行するのは便利。
最高速1/4000秒。視野率92%x94%、倍率0.84倍。
連写毎秒3コマ。
重量590g。(ミノルタ資料より)

発売時価格 \85,000 (クオーツデート)
標準ズームレンズ:AF35-105mm F3.5-4.5 New。
発売時価格 \41,000
     
    α8700iとα7700iは、見た目では分かりにくいです。

8700はガンメタリック塗装なので、高級感がありますが。

世界初のオートフォーカスカメラはコニカC35AFです。(1977年11月30日発売)
一眼レフは各社が開発発売しましたが、
一眼レフおいて市場を席巻した最初のカメラはミノルタのα7000(1985年2月発売)でありました。
あまりにも有名な話です。
ミノルタの資料には「世界初の本格的35ミリAF SLRカメラ カメラグランプリ'85、インターカメラ国際賞、
ヨーロピアン・カメラ・オブ・ザ・イヤー'85受賞」とあり、
「世界初の本格的35ミリAF SLRカメラ」とのコメントがあります。
α7700iは1988年5月に発売されています。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK