ニコンF601QD (1990年-1994年)

写游人にとって時代を生きたカメラです。
そのなつかしい友にまた巡り合ったのです。

ニコンF601QDです。


写游人のニコンはこのカメラから始まりました。
1990年9月発売。この個体は二代目です。
もう20年にもなるのですねえ。
ニコンのレンズは買えず、
タムロンがメインでありました。

このカメラは中堅機になります。




古いカメラなので、
新しいレンズは制限があります。

写真だと小さく見えますが
決して小柄なカメラではありません。
ミノルタのα707siよりもやや大きいのです。
ストロボが少し見えているのが特徴です。

グリップの幅が狭くやや握りづらい。
リチウム電池使用で、単三電池が使えない
のが難点。
ニコンというメーカーは
実に真面目な会社だと思います。
製品に一貫性があり使いやすいのです。
F70だけは例外でしたが・・・・・


5分割マルチパターン測光採用。
視野率92%。倍率0.75倍。
最高速1/2000秒。2.0コマ/秒。
重量650g。
発売時価格¥80,000。

タイ製も多く存在するが、
当個体は日本製です。

シャッター時の音はかなり大きく騒がしい。F80やUなどはこれに比すると、静かでやや頼りない位に感じます。
また、オートフォーカスの速度など全ての面で後続機種には及びません。

このカメラは最新のレンズ、つまりGタイプレンズは全てのモードが使えません。
AF-S・AF-I レンズもオートフォーカスは使えません。

copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK