ファインダー視野率一覧表 



撮影には視野率は重要ではないと書きました。その通りです。ただ視野率100%というのは、見たままがそのまま記録される訳だから非常に楽チン極まりない。要するに手間が省けるのです。写真なぞというものはグルリとある視界の中から切り取りをするだけの所作以外の何物でもありません。余計な物が写し込まれたと慌てるのは、滑稽でみっともない。ノートリミングなどというのはその典型です。
撮影した後でみっともないモノが写しこまれていたとするならば、トリミングすれば良いだけ。嘘の作品を作るのだから切っても切らなくても写真家の質は少しも変らない。ノートリミングを主張するのは写真の下手さを暴露しているだけに過ぎない。
写真は真実を写しだすものであり、ファインダーの中に桃源郷を作り出そうとするのは趣味の範疇だと考えている。だから職業人は腕を磨きなさい。それだけ。

各社の一眼レフ及び一眼のカメラの撮像素子の画素数は以下のようになります。


有効画素数 撮像素子 フォーマット メーカー 機  種 視野率(すべて約)
2460万 CMOS フルサイズ ニコン D3X 視野率約100%
2450万 CMOS フルサイズ ソニー α900、α850 視野率約100%、98%
2110万 CMOS フルサイズ キヤノン EOS1DsMarkV
EOS5DMarkU
視野率約100%、98%
1800万 CMOS APS-C キヤノン EOS7D 視野率約100%
1610万 CMOS APS-H キヤノン EOS1DMarkW 視野率約100%
1510万 CMOS APS-C キヤノン EOS50D
EOSkissX3
視野率95%
1460万 CMOS APS-C ペンタックス K-7 視野率約100%
1420万 CMOS APS-C ソニー α550 視野率95%
1420万 CCD APS-C ソニー α350、α380 視野率95%
1406万 CMOS
FOVEON X3
APS-C シグマ SD14 視野率98%
1240万 CMOS APS-C ペンタックス K-X 視野率96%
1230万 CMOS APS-C ニコン D300s、D90、D5000 視野率約100%
96%、95%
1230万 Live MOS フォーサーズ オリンパス E-30、E-620 視野率98%、
視野率95%
1230万 Live MOS マイクロフォーサーズ オリンパス E-P1 光学ファインダーなし
1220万 CMOS APS-C キヤノン EOSkissX2 視野率95%
1210万 CMOS フルサイズ ニコン D3s、D3、D700 視野率約100%、95%
1210万 Live MOS マイクロフォーサーズ パナソニック G1、GH1、GF1 光学ファインダーなし
1020万 CCD APS-C ニコン、ソニー
ペンタックス
K-m、D3000、D40
α330、α230
視野率96%、95%
1010万 CMOS APS-H キヤノン EOS1DMarkV 視野率約100%
1010万 Live MOS フォーサーズ オリンパス E-3 視野率約100%
1000万 Live MOS フォーサーズ オリンパス E-520 視野率95%

視野率100%が優秀なカメラと言う訳ではありません。ファインダーとファインダー廻りの設計が大変でコストが掛かるだけ。100%を超えることはできないので(写らない部分が出る)調整が大変なのだ。個体によって差が出るので、約100%と表示するのが通常。
マウントしたり自家現像(プリント)するに当たっても視野率100%は使いにくい。フイルムの縁なんぞ人間にとって重箱の隅でしかない。視野率97%〜98%がベストだろうと考えています。メーカーも困るだろうな100%に拘るのがいて・・・・。

BACK