ニコンAi25-50mmF4 (1979年11月発売)




ニコンズーム黎明期の二倍ズームです。



10群11枚構成。
重量およそ550g程度
最短撮影距離0.6m
発売時価格:110.000円

1979年発売、1981年Sタイプ発売。

ガラスと金属を贅沢に使い、堅牢に仕上げた名品です。当製品はねじ込み式金属製レンズキャップとなっています。


ニコンズームは1975年発売の28-45mmF4.5が最初と言われています。この25-50mmF4は1979年の発売で、Sタイプは1981年の発売になります。(ニコン資料)

さすがに30年近く経ちますと、程度の良いのはほとんどありません。当個体は外見は相当に使い込まれていて年代を感じさせます。レンズだけは、付属のねじ込み式金属フードのお陰で良好です(Sタイプはプラ製)。後レンズ面に軽微なコーティングはがれがありますが、撮影に影響はなさそうです。

25mmという広角から50mmという標準域のみの無理のない設計のレンズです。このレンズには相応の金属フードが必要ですが、入手は困難でしょう。


このレンズは距離目盛が30フィートまで刻んであります。
メートルの方は無限大の手前が10mです。
これがSタイプとの違いになります。

絞り刻印はカラーではなく白一色です。
このタイプは現在ではほとんど出回っていません。
現在出回っている多くのレンズは後期の物です。


35-70mmF3.5と外径は同じで全長だけが異なります。少しだけ長いレンズです。
     レンズの丸みがいいですね。


このレンズの発売された(1979)背景はというと、ニコンF2の時代です。
ニコンF3が1980年で25-50mmSタイプが1981年ですから、
まさにプロ御用達レンズだったと思われます。ニコンFEやEMもありましたが、バランスはどうだったでしょうか。
80-200mmF4(黎明期の製品)とほぼ同じ価格でありました。当時としても非常に高価なレンズであったのです。


copyright 2001-2017 All rights reserved.
TOKYO PHOTOGRAPH by shayuzin

東京写真

BACK