ピアノ東京写真オーディオスペシャルピアノ編

みかんの花咲く丘


なんでみかんの花咲く丘なのかと言うと、伊東のホテルのホームページを見ていたら、みかんの花咲く丘の歌碑があるというのです。

それは伊東のホテル聚楽、2年前の正月に泊まりました。でも、寒くて外には出なかったのです。

今回連休明けに温泉旅行を予定していて、泊まる予定なのでした。それで、ホームページを見ていて歌碑が庭にあることを知ったのです。

誰もが知っている童謡ですね・・・。この地でみかんの花咲く丘は誕生しました。

そう言えば最近、伊東駅のホームメロディがみかんの花咲く丘になったのです。 ああ静岡だなあと思ってました。

実はみかんの花咲く丘と聞いて最初にメロディが浮かんだのは、すみれの花咲くころ・・・、でした。

それで、曲名も「みかんの花咲くころ」だと思っていました。宝塚歌劇団のテーマ曲なんですね。

記憶違いでした・・・。

   
2015年の写真。

恐らく、左のヤシの木の近くと思われます。

ここは高台で伊東の街が一望できます。

昔はこの辺り一面がみかん畑だったそうです。


みかんの花咲く丘は、列車の車中で作曲され

一晩のホテルでの特訓で放送されたそうです。

歌い手は当時12歳の川田正子さんでした。

川田さんは2006年長崎の公演を最後に倒れ、71歳の

生涯を閉じました。


みかんの花咲く丘 歌詞


行って来たら、写真載せますね。

アメージンググレースとみかんの花咲く丘は楽譜がないので、早速調達しようと思っています。

「追記」

みかんの花咲く丘の宿に行ってきました


※ 川田正子:出典ウイキペディア


BACK